《最小限主義。》増刷が…。 そして推薦レビュー      
 沼畑直樹


決定したことをまずはご報告します。

私は佐々木さんと違い、まだほとんどのミニマリストさんとお会いしたことがありませんが、今回ブログやツイッター、メール等で多くの感想をいただきました。「感謝度」は遙か高く、空に届きそうです。

本当にありがとうございます。

私もエゴサーチ、しています。廃人になりそうだったので、今は控えてはいますが…。

嬉しかったブログレビューも著者自らですが推薦させていただきます。  ※常時追記中です。

 

すみれさんの「すみれの壺」より

「最小限主義。」を読んで、空がある幸せを考えた週末

http://smile-simplelife.hatenablog.jp/entry/sunset

 

家族構成が似ているすみれさんが、雨の日の読書。

最初に紹介してくれたのが、第二章の「空」の部分。

多くの方が、もしかすると本のタイトル《最小限主義。》からして、納得できないかもしれない部分です。

あまり説明するのも野暮なのでしませんが、ここをすみれさんと共感できて、嬉しい。

 

A1理論さんの「A1理論はミニマリスト」より

『最小限主義。』は何度読んでも「気づき」が得られる良本なので再び感想を書きます!

http://okite.hatenadiary.jp/entry/saishyogenshugihutatabi

A1理論さんの2度目のレビュー。

美しいものを美しいと言うのをはばかる人もいるかもしれないですが、私はミニマリズムの生活のなかで素直に美しいものは美しいと言うようになりました。

だから、その部分をしっかり見てくれたA1理論さんの視点にぐっと来ました。

また、非常に簡単な文章で、どれも読み流しそうな当たり前のことを書いているのに、しっかりと自分に問いかけながら、随所で立ち止まって読み、考えてくれたことも感謝します。

 

パパスさんの「ミニマゾクの生活」より

『最小限主義。』ミニマリストが勧める、モノが増えようが読むべき本

http://minimazoku.com/cat26/post-91.html

大阪の方なので4日のイベントでは会えませんが、ミニマル&イズムで「ぼくにとって架空の人物」だった私が、本を通じて身近になれたという感想が嬉しかったです。

ぜひいつの日かお会いできる日を楽しみにしています。

 

他にも、すぐに素敵な感想メールをくださったUmi-Hoshiさんや、ブログで以前からコメントをくださっていたRieさん、ツイート等で素敵なコメントをくださった鈴木トモノリさんはじめ、みなさんに感謝します。

それでは、これからも少しずつ、できるだけ多くの人にミニマリズムが伝わりますように。

 

追記

チュラさんの「それ、いらない」より

「大きい」から「小さい」へ。自分にとって最小限を知ることで変わっていく暮らし。

http://www.setuyaku-life.net/?p=8386

「大きい」から「小さい」へに注目してくれた書評。

この価値観は「自分が決めた価値観において堂々とする」という素晴らしい考え方だと思いました。

 

ニューリッチへの旅、或いは黄金の羽根の拾い方」より

【書評】沼畑直樹「最小限主義」

http://das-kapital.tokyo/未分類/post-95/

アドリア海の夕陽を見たくなったというコメントにぐっと来ました。

 

Nano Deal」より

書評 沼畑直樹「最小限主義」

http://nanodeal.blogspot.jp/2015/11/blog-post.html

簡単な言葉で書かれた本を、読み流さずにしっかりと分析してくれた書評。

夕陽のストーリーを「共感できる人とできない人がいる」というのは、まさにその通りだと思って書いていました。だからこそ嬉しい書評です。

 

中原涼オフィシャルブログより

「最小限主義。」の中の景色

http://suzuka0811.exblog.jp/22561730/

長野の景色が目に浮かびます。

夕暮れに染まった景色。

少しうるっと来ました。

 

 

 

Shellbysより

ミニマリストが嫌いでもミュージシャンなら「音のミニマリズム」は知っておいた方がいいかも

http://www.shellbys.com/entry/2015/11/27/213000

音のミニマリズムに注目してくれたレビュー。新幹線の話、衝撃的でした。なるほど。

 

にゃんすさんの「猫に小判より」

【ミニマリストの定義とは?】「最小限主義。」から感じた旅とミニマリズムの共通点。

http://nyansu-nyan.hatenablog.com/entry/2015/11/27/【ミニマリストの定義とは?】「最小限主義。」

「「ミニマリズムな幸福感」を共有できるかどうか」という一文。

私は少し「空」に執着しすぎていて、小さな幸せが毎日にあるという部分を少し忘れていたと気づかされました。ドキッとしました。

 

エリサさんの「魔法使いのシンプルライフ」より

【読書】”少ない”の先にある幸福論「最小限主義。」の感想

http://erisaslife.net/entry/minimal

サッポロに住むエリサさんからレビューをいただきました。

ミニマリズムは他人のやり方をマネするわけでもなく、自分で考えて自分の適量と方法で生きるという部分が伝統作法などと違って素晴らしい点で、行動面でも「自分の目で見る」といったことがポイントだと思います。

その点をポイントにしていただいたレビューでした。

 

うみさんのレビューも同様でした。

それぞれの「最小限主義。」

http://goldenmilk.hatenablog.com/entry/2015/11/26/200021

本では「最小限主義を学問にしない」という私の意向があり、ほぼ体験談でまとめました。エッセイというほうが近いと思います。

数値や分析も控えました。

ここ数年は、人との会話でも、体験談をもとにした話にシフトしました。

タイトルからして、体験談をもとにしたエッセイ的な内容に違和感を感じる方もいるのではと思いましたが、そのあたりに触れていただきました。

 

 

じぇんさんの「正気の在処」より

幸福を生み出す最小限主義

http://jnyoga.hateblo.jp/entry/2015/12/06/123654

トークショーレビューです。本レビューも楽しみにしています。

 

みどりさんの「I’ll not pretend to be someone who I’m not.」より

「最小限主義」沼畑直樹さんの本を読んで思い出したこと

http://midori32.hatenablog.com/entry/minimalism_numahata_san

音のミニマリズムを実践している女性は素敵だなと思いました。

人と会っているときは難しいかもしれないけれど、一人で部屋でいるときにはなかなかいいです。

みどりさんとはいろいろと感性が合いそうです。

 

みうさんの「Yoga&Simplelife」より

「最小限主義。」を読んで私が減らしたもの、そして得たもの。

http://www.yogasimplelife.com/2015/12/saisyougensyugi.html

 

本を書いて本当に良かったと、このレビューを読んで思いました。

極々小さな気づきや幸せを書いたので、人によってはまったく共感できない部分があるなと思いつつ書いてたのですが、この「クルマは空を見るための箱である」はまさに象徴的なパート。

でも、こういったことを日々、小さく感じていて、ミニマルなことだけども、伝えたかった。

そして、みうさんのように価値感が変わった瞬間、人が感動するためのシンプルな事柄がぐっと身に迫り、身の回りに溢れていることに気づく。

自分自身、ミニマリズムにふれてからそんなことばかりです。

たいていそれは、複雑ではないミニマルなことだったりするところが面白い。

 

幸福論をミニマリズム化した本としても、ぜひ楽しんでいただきたいです。

 

 

Author Profile

沼畑 直樹
Numahata Naoki
最小限主義者 既婚ミニマリスト 
著作 『最小限主義。』、写真集『ジヴェリ』『パールロード』他(Rem York Maash Haas名義)。旅ガイド『スロウリィクロアチア』

メール info@tablemagazines.com
http://tablemagazines.com
インスタ  http://instagram.com/remyork/
twitter  @remyork

投稿者:

沼畑 直樹

Numahata Naoki 最小限主義者 既婚ミニマリスト  著作 『最小限主義。』、写真集『ジヴェリ』『パールロード』他(Rem York Maash Haas名義)。旅ガイド『スロウリィクロアチア』 メール info@tablemagazines.com http://tablemagazines.com インスタ  http://instagram.com/remyork/ twitter  @remyork

「《最小限主義。》増刷が…。 そして推薦レビュー      
 沼畑直樹」への6件のフィードバック

  1. ご著書読みました。
    しずかな空間を求めるのが日本の文化なのですね。ミニマリズムって新しい考え方だと思っていましたが、伝統文化に根づいたものなのだと気づかされました。

    特に音のミニマリズムに惹かれました。自分がどんな空間、時間に安らぐのか、改めて考えることができました。

    1. 私も「音のミニマリズム」が好きです。実際の暮らしで忘れてしまうときもありますが、少しずつ身についてきた気がします。

  2. 沼畑さん、こんにちは!
    『最小限主義』増刷と聞いて、とても嬉しい!と思いました。

    小さな町の本屋さんでも大きな書店でも『最小限主義』を置いて
    いなかったので、まだ購入できていません(泣)
    売り切れなのかもしれませんね。
    増刷、本当に喜ばしいことです!
    私も、もっともっとミニマリズムが普及するといいなと思います。

    最小限主義を読んで、アマゾンで私も感想を書こう!と
    思ったので、今日、アマゾンで注文しました。
    (梱包材など資源の無駄になるので、できるだけネットでは
    買わないようにしているのですが・・・)

    届くのがとても楽しみです。
    アマゾンでの説明文を読んだだけで、ああ、いいなあ・・・と
    じんわりしますね!
    それではまた!

  3. 沼畑様
    最小限主義、本当に本当に良かったです。
    物に溢れた生活を何十年も送り、ここ数年の片付けブームから、断捨離を知り、そしてミニマリストという言葉を知りました。
    本の途中で何度も感動し、通勤電車内で読んでいたのに、涙が溢れてきました。
    以前は、頭にくることがあると、空を見上げるようにしていました。最近は少し忘れていたかもしれません。
    空、夕陽、月や星空、歳を重ねるごとに好きになりますね。
    まだまだ物が溢れた物中心の生活を送っていますが、ますます人生を楽しむために物を減らしていきたいと思います。
    最小限主義、大好き人にお奨めしたい本です。有難うございました。

    1. 感想ありがとうございます。本当に嬉しいです。最近は寒いので夜にベランダに出ることが減りましたが、先日着込んでベランダで過ごしました。星を見ながら、久米島で満天の星空を見るために真っ暗な場所をひたすら探していたことを思い出しました。天の川が薄い雲に見える、あの星空にはかないませんが、吉祥寺の空もじっと眺めているとなかなかです。軌跡の残る流れ星も、夜中の渡り鳥も、ミニマリズムで星空を眺めるようになってから見ることができました。ベランダに出るたびにキンドルで本を読んでしまうというクセも封じ込め、その日は星空に集中しました。いつか、モンゴルの草原の星空を見たいと思っています。妻が若いころに行っていて、羨ましいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です