ミニマリスト 部屋

独房から、取調室へ
佐々木典士


年はいつものように明けて、新年の誓いを立てる。
年が明けると、ぼくは自分を変えたくなっていた。


「ミニマリスト」が昨年1年で多くの人に知られるところになったし、ミニマリズムは国境を越えて、広まり始めている。去年の6月に願いを込めて書いた。「さあ、限界を超えて広がれ」と。
大成功だ。願いは叶った。


大きな反響があり、たくさんの取材を受けさせて頂いた。話すことがとても苦手だった自分が、講演までする機会を頂くようになった。大きな変化だ。


願いは叶ったが、ぼくは前に進みたくなっていた。たくさんの機会を頂いた。そして少しずつ、自分が「空」になっていく感覚を味わってもいた。前に進んでいるはずが、その場で足踏みをしているような感覚。忙しくはしていたが、インプットもアウトプットもどちらも足りなかった。それは状況のせいでもなかった。ただ自分の努力が至らなかった。


インプットもアウトプットも、もっと充実させたい。


そんなこんなで年が明けて、
なんと机と椅子を買ったんですよ!!


無印良品の折りたたみの机と椅子。
軽く、移動もスイスイと。
折りたたみなので、クローゼットに収納でき、
いつもの何にもない部屋にもすっと移行できます。

ミニマリスト 部屋

ミニマリスト 部屋

写真 2016-01-07 11 37 31


「お前は、床座でカイワレが売りだったのになんだよ!」
「結局、ムリをしてたのに我慢してただけか」

という意見が当然頭をよぎる。わかります! ごめんなさいね!

 

エアリーマットレスは快適で、机と椅子がなくても本当に何の問題もない。ただ快適すぎて、忙しい、疲れているという理由でぼくはマットレスでゴロゴロしてしまっていた。もっとインプットもアウトプットもしなければ。もっと集中して勉強したいし、書きたい。


机と椅子がなくても、ファミレスや図書館で勉強はできる。
だけど今年から大きな目標として早起きに挑戦したいのだ。
どこの店も開いていない時間、朝早く起きて、家の机で勉強する、書く。帰宅してからもゴリゴリ勉強する。


さらに勉強するモードと、リラックスするモードをきちんと分けたい。
そこで本当に寝るときだけにマットレスを出すことにした。


これが効果的だ。基本的に出ているのは机と椅子のみ。
モノは無言のメッセージを発している。仕事から帰宅すると、何もない部屋にぽつんと置かれた机と椅子はぼくにこう語って来る。

机「……おかえり、佐々木くん。さぁ、勉強しよか」

ミニマリスト 部屋

ぼく「((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この部屋、なんか取調室みたいじゃないですか?」

 


フローリングの上に正座するより、机と椅子だけの取調室のほうが残念ながらストイックだ。空っぽになった自分を、また満たし始める時がきた。ぼくの中に新しいテーマが生まれつつある。その勉強をする習慣を手に入れたい。

 

最小限は伸び縮みする。
最小限は目的や状況によって変わる。
ぼくは今後も増やし、また減らすだろう。

 

モノは前より増えた。だけど、ぼくははっきりと言える。
これがぼくの今の「最小限」だと。

 

 

投稿者:

佐々木典士(sasaki fumio)

中道ミニマリスト。 1979年生まれ。香川県出身。編集者。

「独房から、取調室へ
佐々木典士」への28件のフィードバック

  1. ロールスクリーンはどこで買った物ですか?すごく気になって質問しました。

    1. 楽天で「調光ロールスクリーン」で検索すると出てきますよ。大変におすすめです。

  2. 返信ありがとうございます。テレビで拝見したときロールスクリーンから入ってくる朝日で目が覚めるシーンに強烈に心を引かれ、我が家のカーテンを処分してロールカーテンにしようかと考えています。

    1. 掃除もしやすく、調光可能。光は柔らかくて、障子みたいですよ。おすすめ!

  3. この椅子、わたしも持っています。勉強するために(笑) 年末に買いました。机は折りたたみじゃないですが、うれしい偶然です。(^-^)

    1. いろいろ検討したんですが、この椅子ぼくにぴったりだったんですよね。いつもありがとうございます。

  4. あはははは(^◇^)取り調べ室とは、うまいこと言いますね。癒されました。。。

    …が。

    「お前は、床座でカイワレが売りだったのになんだよ!」
    「結局、ムリをしてたのに我慢してただけか」

    …はぁ?

    最小限から試して適量を見極め、自分にとって必要なモノを準備した、というコトかとd(^_^o)

    1. bingoさん 適量はまたどんどん変わっていきますしね。誰かと一緒に住んだら物も増やしますしね。ありがとうございます。

  5. この机と椅子、私も持っています。
    折りたたみできるうえ、サイズ感がちょうどいいですよね。
    個人的には、この椅子と同じ素材の折りたたみ机がほしかったのですが、それでも重宝しています(^-^)

    単に物が少なければいいというわけではないと思うので、自分にとって必要な物をチョイスすることは大事ですよね。

    1. madeleineさん 本当にちょうどいいサイズで、マスプロダクツだと思うのですが背もたれなんかもぴったりでした!

  6. 何のお勉強かと思いましたが 大阪での講師の準備でしょうか?
    頑張って〜
    取調室だけに カツ丼でも差し入れしたいくらいです。
    机と椅子 いいじゃないですか!
    そんな佐々木さんの変化も興味深いですよ。
    遠慮なく 変化していって下さいね。

  7. 初めまして。
    何かの記事を見てここを知りました。

    モノから開放されると、違う世界になるのだろうなと感じました。
    ちょっと、そうなれるように考えてみたいと思うきっかけになりそうです。
    たまにお邪魔しようとおもってますので、よろしくお願いします。

    1. RFさん ぜひ、こちらこそよろしくお願いします。

  8. 佐々木さん
    初めまして。
    33歳一人暮らしのOLです。

    著書を拝見し、
    佐々木さんの生き方に大変感銘を受けました。

    これからもちょくちょく顔を出すかもしれません。

    どうぞよろしくお願いします^^

    1. かなこさん 本読んで頂きありがとうございます。ぜひ登場してください。よろしくお願いします。

  9. はじめまして。実は、「僕もの」を発売当初から、感銘を受けていました。未だに、私は、ミニマリストを目指している状態ですが、
    でっかいPCデスクを取っ払って、ライティングビューローを買ってしまいました。取調室、目指したいです(笑
    「僕もの」は、私にとって、バイブル的な一冊となっています。

    これからも、まだまだ、不用品が出てきそうな予感とともに、ガラーンとした部屋を目指しています。

    これからも、ブログ、拝見にきます。

    1. 巴さま ライティングビューロー、素敵だと思います。バイブルだと言って頂いて恐縮です。更新少なめですが、取り調べ室でもう少しがんばりたいと思います。今後もよろしくお願いします。

  10. 初めまして、大学4年生の者です。
    佐々木さんの本を読んで本当に感銘を受けました。
    特に、余分なエネルギーを使うことがなくなったことをとても実感しております。
    本当にありがとうございます。
    現在、部屋着の購入を考えているのですが、「お気に入りの部屋着に着替える」という文を見かけました。
    佐々木さんのおすすめの部屋着を教えていただけないでしょうか?
    よろしくお願いします。

    1. NKさん お若い方に読んで頂いて嬉しいですね。部屋着も外に着ていくものも同じなのですが、good onというメーカーのスウェットを着ています。へたらず気に入っています。

  11. 以前にコメントさせていただいたmichikusaと申します
    折りたたみの机 
    すごく素敵です!!こどもが3人になったので
    4年生の息子は一人部屋なのですが 妹2人(4歳と1歳)が2人で
    女子部屋として 使うことになりそうなので
    こちらの机は 収納できるので すごくいいアイデアいただきました^^
    ありがとうございます^^

    3人の子持ちミニマリスト特集を組んでいただいているので
    よかったら ご覧いただけると嬉しいです 。

    ブログのほうはこちらです ↓
    http://39.benesse.ne.jp/blog/39news/archive/155?tkid=newtext

    佐々木さんの本は 何度も繰り返し読んでいますが 
    共感することだらけで 大切な本なのです 

    また お邪魔させてくださいませ
    いつもありがとうございます。

  12. 本を読んだものです。
    椅子テーブルかわれたんですね。
    折り畳み式があるなんて!!(´;ω;`)
    自分のダイニングテーブル捨てたくなりました…

    1. みいさん 本読んで頂きありがとうございます。折りたたみだと、クローゼットにしまえるので便利ですね。机も思わず広いものを買ってしまいそうになるものですが、何回も試しに座ってみて購入に踏切ました!

  13. 取調室。面白い表現ですね!
    私も佐々木さんの本に出合う前から床座で小さいテーブルを置いて、macbookで作業をしていましたが、勉強しようと思うとなかなか大変ですよね。
    「ぼくモノ」読ませていただいて、身の回りにある不要なモノを処分したり、人間関係についても、自分には不要だと思うコミュニティからは抜けてとてもすっきりしました。おかげ様で本気でやりたい事に挑戦することができてます!

    1. shinさん 机も家になくても、図書館やファミレスや喫茶店で勉強すればいいのですが、お金がかかりすぎました笑。自転車旅、いいですね。おきをつけて!

  14. はじめまして。
    これから引っ越すのに際して、
    「ぼくたにもうモノは必要ない。」
    読ませていただきました。物凄く共感する部分があって楽しめました。
    現在、絶賛荷物処分中です笑
    佐々木さんのご自宅、ぜひ拝見させていただきたいです。 ちなみに職場の最寄り駅、不動前です。笑

  15. はじめまして
    やっと佐々木さんの本を読み終えました。読んでる途中から、捨てる意欲が湧き出しては、不要なモノを選別して捨てる準備をし、疲れると本を読み休憩…を繰り返すこと数十日。でも、まだまだシンプルライフにも及んでいない。
    次はマキシマリストの家族のモノにかかります。もちろん佐々木の本を再読しながら…。
    ストレスフリーを目指して。
    佐々木さん 感謝しています。

    1. hiroさん ご返信遅くなりました。もう片付かれましたでしょうか。一度減らすと本当に楽になると思いますのでぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です