作者別: 沼畑 直樹

次の季節にまた買おう。      <br>    沼畑直樹

次の季節にまた買おう。  
  沼畑直樹

  衣替え。 最近いろいろ買いました。 今まで使っていたリュックは日本に帰ってき […]

『ヨガとシンプルライフ』  瞑想の時間はミニマルな部屋とともに。<br />沼畑直樹

『ヨガとシンプルライフ』  瞑想の時間はミニマルな部屋とともに。
沼畑直樹

みうさんの『ヨガとシンプルライフ』をただいま拝読いたしました。 数ヶ月前、「最近、床に座っ […]

ミニマリストとして、コンテンツ消費生活を否定していました。     沼畑直樹

ミニマリストとして、コンテンツ消費生活を否定していました。     沼畑直樹

「コンテンツを消費ばかりしてると駄目」と言い続けてきた。

オンラインゲーム中毒になったり、ストリートビューを見て海外の町に「行った気」になったりしていたから。

ミニマリズムを実践して、そういった過度なコンテンツ消費生活は終わり、「実際の経験に勝るものはないのだ」と主張した。

でも。

コンテンツ消費にも魅力が溢れていると、あることがきっかけで思い直した。

(さらに…)

『2001年宇宙の旅』のミニマリズム<br />沼畑直樹

『2001年宇宙の旅』のミニマリズム
沼畑直樹

一番古いスター・ウォーズ(エピソード4)を久々に観た。 英語が古めかしくて、音も悪いので聞 […]

マキシマムを受け入れる。 Truth is made up of opposites.    沼畑直樹

マキシマムを受け入れる。 Truth is made up of opposites.    沼畑直樹

道教と禅、ミニマリズムは相性がいい。 『The Book of Tea(茶の本)』の章《T […]

埋め尽くさない。   沼畑直樹

埋め尽くさない。   沼畑直樹

 

小学校4年生のとき、シャープのX1というパソコンを買ってもらった。

たぶん、中古だから5万円くらい。

以来、プラミング言語でひらがなを作ったり(基本的にカタカナしか打てなかったため)、絵を描くツールを作ったりすることに没頭した。

PCにのめりこんだきっかけは、同級生の佐々木くんが富士通のFM-7というPCを持っていたことだった。

彼の家に泊まりにいき、「ザ・コックピット」というゲームをやった、あのとき。

今おもえば、「不完全なゲーム」たちとの出会いだった。

 

(さらに…)

「何もしない」旅の本 スロウリィ があさって発売です。  <br>沼畑直樹 

「何もしない」旅の本 スロウリィ があさって発売です。  
沼畑直樹 

7年間のクロアチアの旅が一冊の本になりました。 佐々木さんとの仕事で通ったクロアチアで見つ […]

書評『茶の本』第四章茶室 「不完全」な空間    沼畑直樹

書評『茶の本』第四章茶室 「不完全」な空間    沼畑直樹

  ミニマリズムに出会い、最初のころにKindleで『茶の本』をよく読んでいた。 […]

家族としてのミニマリズム  ポッドキャスト第二回 パパスさん <br />沼畑直樹

家族としてのミニマリズム ポッドキャスト第二回 パパスさん 
沼畑直樹

 

去年の年末にミニマゾクのパパスさんが大阪から東京の沼畑邸に訪れてくれました。

その雑談を録音したので、ポッドキャストです。

家族を持つミニマリストの夫としての対談になりました。

内容はこんな感じです。

(さらに…)

キャリアを振り返らないミニマリズム<br />沼畑直樹

キャリアを振り返らないミニマリズム
沼畑直樹

  「昔の歌詞なんて何も思い出せない。すぐに出てくるのは『島唄』くらいなんだ」と […]