BLOG

『2001年宇宙の旅』のミニマリズム<br />沼畑直樹

『2001年宇宙の旅』のミニマリズム
沼畑直樹

一番古いスター・ウォーズ(エピソード4)を久々に観た。 英語が古めかしくて、音も悪いので聞 […]

イチゴ畑と鮭<br />佐々木典士

イチゴ畑と鮭
佐々木典士

「人は、素晴らしいイチゴ畑が目の前にあるのに、丘の向こうの川の鮭を探しに行ってしまう」進化 […]

下諏訪  街と人のレイヤー<br />佐々木典士

下諏訪 街と人のレイヤー
佐々木典士

長野県の下諏訪(しもすわ)を訪れた。

仕事のため。そしてA1理論さんが1年もしないうちに、5度も通いハマっている場所ということで、興味もあった。

(さらに…)

3/24 横浜にて<br />佐々木典士×沼畑直樹のトーク

3/24 横浜にて
佐々木典士×沼畑直樹のトーク

3月24日、横浜にて佐々木と沼畑さんによるトークがあります。

マキシマムを受け入れる。 Truth is made up of opposites.    沼畑直樹

マキシマムを受け入れる。 Truth is made up of opposites.    沼畑直樹

道教と禅、ミニマリズムは相性がいい。 『The Book of Tea(茶の本)』の章《T […]

「自分補正」のミニマリズム<br />佐々木典士

「自分補正」のミニマリズム
佐々木典士

自分については少々甘めに、他人についてはちょっぴり厳しく見てしまう。
そんなことを表現する秀逸な比喩を読んだ。

「薄暗い体育館でバスケットボールのシュートを外した人を見れば、その人の腕が悪いと言う。自分がシュートを外せば、体育館が薄暗かったと言う」

(さらに…)

「感度」のミニマリズム<br />佐々木典士

「感度」のミニマリズム
佐々木典士

少ないモノで生活していると、たびたび「何が楽しいの?」という表情をされたりする。気持ちはと […]

「数字」のミニマリズム<br />佐々木典士

「数字」のミニマリズム
佐々木典士

みんな算数ができるから、数字はとっても強力でわかりやすい。だけど、数字に頼りすぎるのは危険 […]

埋め尽くさない。   沼畑直樹

埋め尽くさない。   沼畑直樹

 

小学校4年生のとき、シャープのX1というパソコンを買ってもらった。

たぶん、中古だから5万円くらい。

以来、プラミング言語でひらがなを作ったり(基本的にカタカナしか打てなかったため)、絵を描くツールを作ったりすることに没頭した。

PCにのめりこんだきっかけは、同級生の佐々木くんが富士通のFM-7というPCを持っていたことだった。

彼の家に泊まりにいき、「ザ・コックピット」というゲームをやった、あのとき。

今おもえば、「不完全なゲーム」たちとの出会いだった。

 

(さらに…)

「何もしない」旅の本 スロウリィ があさって発売です。  <br>沼畑直樹 

「何もしない」旅の本 スロウリィ があさって発売です。  
沼畑直樹 

7年間のクロアチアの旅が一冊の本になりました。 佐々木さんとの仕事で通ったクロアチアで見つ […]