「手放す力」たとえば会社も。
佐々木典士


会社を手放してみる

2016年の年末で、9年間お世話になったワニブックスを退社することになりました。
今後は、文を書くことを中心に、その他さまざまなことをナリワイとして組み合わせ生きていきたいと思っています。


思えば、会社員としては最高の自由を与えてもらっていました。
編集者は忙しい仕事ですが、自分の裁量がありました。
お給料も充分、作る本も内容も、ほとんどお任せ頂いていました。


でももっと自由が見たくもなりました。
働く場所の自由。自分の予定を真っ先に立てる自由。自分で決める自由。


実は「ぼくモノ」を書く前に、「これが会社にできる最後の貢献だ」となぜだか思い詰めていて、退社を決意していました。しかし、実践にあたってはそれなりに迷いもありました。

たとえば細かいデメリットとメリットをいちいちあげてみたりもしました。

【会社にいるメリット】
文房具とか備品とかが無料。光熱費も!それってすごい!
【フリーになるメリット】
会社のすぐ固まるパソコンを使わなくて済む! ノートパソコン1台に集約だ!

こんなところまでいちいち想像してみました。

ミニマリズムの自由


決断するには、やはりモノが少ないことが後押ししてくれました。
小さい部屋でいいので家賃は少なくて済む。引っ越しも楽。モノを減らしてから、瞑想や登山やランニングなど、お金がかからない楽しみもたくさん覚えました。


よしながふみさんの「愛がなくても喰ってゆけます。」に
「俺はこういう時に自由でいるために、今まで何も持たないできたんだ!!」というセリフがありますが、あの場面とまさしく同じ気持ちです。

「手放す力」は背中を押してくれる


会社を辞めるというのは、暗闇のなかに一歩足を踏み出すような行為ですが、ミニマリズムを通じて「手放す力」を身につけられたことがやはりいちばん大きく背中を押してくれました。ぼくはいままで大事なもの、価値のあるものをたくさん手放してきました。そして自由な会社員という身分も、とても価値があるものでした。


しかし手放すと、新しい何かが必ず入ってきます。
そして大事に見えるものほど手放すと、得られるものも大きい。ぼくはこれを何度も体験しています。

これから何度も、ミニマリズムを通して得られた「手放す力」に助けられると思います。手放して何が入ってくるかはわからない、それでも必ず何かが入ってくる。一体どんな新しいものが入ってくるのか、今はとても楽しみでもあります。

投稿者:

佐々木典士(sasaki fumio)

中道ミニマリスト。 1979年生まれ。香川県出身。編集者。

「「手放す力」たとえば会社も。
佐々木典士」への6件のフィードバック

  1. 佐々木さん、こんにちは。久しぶりにこのサイトを訪れました。
    退職されたのですね。
    自由に活動されていくだろうなあ・・・と以前から思っていました。
    佐々木さんの話を聞きたい人、いっぱいいますよ。国内に限らず。
    私もその一人ですがその情報をキャッチできず、まだ叶いません。
    思えば2015年の6月、佐々木さんのご著書によって、はっきりと私の中にミニマリズムの概念が芽生えたのでした。それまで自分の中で言葉にはなっていませんでしたから。
    長期間断捨離を行っていて、だいぶモノが少なくなってきてはいましたが、まだまだ「モノは多いほうが良い」という観念が強烈にありました。
    でも『ぼくモノ』を読んで、価値観がグルンと変わりました。
    今では心底心底、「最小限って、なんてなんて豊かなんだ!!」と日々感じています。毎日感動しているくらいです。
    私は、モノに関する価値観を学びにこの世にやってきたのかもしれないなあ・・・と真面目に思います。
    モノが多かった頃の自分は、かなりオカシイ(愚かな)人間だったと思います。これも真面目に。
    ちなみに現在は、下着・靴下類は各2セット所有(着ている分も含めて)、ハンカチは1枚、靴は全部で2足、その他も同様な感じで快適に過ごしています。
    快適&ラク過ぎ!です。環境に負担をできるだけかけない買い物&生き方をするようにもなりました。
    佐々木さん、ありがとう!!佐々木さんの講演会、行きたいです!
    長々とすみません。
    お読み頂き、ありがとうございます。

  2. こんにちわ。
    僕も年末で9年勤めた会社を休職し、その後退職予定です。会社というのは、社会に出てから頑張って来た分、手放すのは勇気がいるし、罪悪感みたいなものも僕は感じました。人間が持っている家やモノで、その人の価値が変わるのではなく、会社員かフリーターかでもその人の価値が変わることはないと思います。最近僕は、モノを持っていても持っていなくても、どちらでも自分の価値は変わらないのだと感じています。本人の心のままに生きていれば、いいのかなぁと仕事を手放して思いました。年齢を重ねれば今度は体力やできないことが出て来て、あるものが減っていくという体験をするのでしょうね。それでも、自分という存在は変わらないし、心が満たされていれば幸せなのかなと感じています。
    今回のご報告、僕にとって大きな勇気と希望となりました(^_^)楽しみましょう!

  3. お仕事退職されるのですね
    長い間お疲れ様でした
    私も今の仕事は本当にやりたいことではありません
    生活の為に働いています
    それでもミニマリズムに目覚め
    試行錯誤し、いろんなものを
    取捨選択していくうち
    今の仕事でなくても、やっていけるのでは?と思うようになりました
    ミニマルライフコストという概念を知って
    自分の仕事の幅が広がったような気がします
    これも佐々木さんをはじめ、いろんなミニマリストの方のおかげです
    ありがとうございます
    これからも自由に佐々木さんの選んだ道を歩んで行ってください
    応援しています

  4. 佐々木さん、新しい門出おめでとうございます。
    私は昨年10月に佐々木さんのお宅を見学させていただいた者です。(当時はカメラマンでした)
    なんとなく佐々木さんはそのうちフリーになられるのではないかな…と思っていましたので、今回の記事を拝読して自然に納得しました。
    私はその後東京の家を引き払い、地元和歌山に帰ってきて、来春から新しい仕事につきます。
    自分なりにミニマリズムを進めたらこうなった、ような気がします。
    といいつつ最近実家の自室がミニマリズムから離れてきたので、佐々木さんの決意を刺激に、整理・取捨選択に励みます!
    良いお年をお迎えくださいませ。

  5. 佐々木さん、お疲れ様でした。新しい道への旅立ち、陰ながら応援しています。佐々木さんの、これからの文章、とても楽しみにしています。ワクワクしますね(((o(*゚∀゚*)o))

    ブログ更新も待っています❗

  6. こんにちは。大橋と申します。佐々木さんの「ぼくモノ」を読み、ミニマリズムについてさらに深く知ることができました。
    僕はジュアンオピーさんのアートをきっかけにミニマリズムを意識するようになったんですが、
    生活や生き方までミニマリズムを応用するとこんなにスッキリした生き方になるんだと驚きがありました。

    300ページもある本なのに、すっと入ってしまいあっという間に読み終えるほど、夢中になってしまうぐらい面白かったです。

    僕も物などは自分にとって最小限を目指して、大切な事にもっと集中したり、好きなことに、お金や時間を使いたいと意識が変わりました。

    本を通じて佐々木さんに出会えたことを感謝します。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です