『2001年宇宙の旅』のミニマリズム
沼畑直樹

一番古いスター・ウォーズ(エピソード4)を久々に観た。

英語が古めかしくて、音も悪いので聞き取りが難しい。

でも、ストーリーとしては一つ前にあたるエピソード3を観たあとだったので、物語が繋がっていて新鮮に楽しめた。

気になったのは、惑星の描き方。この作品よりも前に発表された『2001年宇宙の旅』より、リアルじゃない。

続きを読む 『2001年宇宙の旅』のミニマリズム
沼畑直樹

下諏訪 街と人のレイヤー
佐々木典士

長野県の下諏訪(しもすわ)を訪れた。

仕事のため。そしてA1理論さんが1年もしないうちに、5度も通いハマっている場所ということで、興味もあった。

続きを読む 下諏訪 街と人のレイヤー
佐々木典士

マキシマムを受け入れる。 Truth is made up of opposites.    沼畑直樹

道教と禅、ミニマリズムは相性がいい。

『The Book of Tea(茶の本)』の章《Taoism and the Way of Tea》で、岡倉天心が書いていることは悉くミニマリズムに繋がっている。

道教はいわゆる陰と陽の考え方。それぞれが存在するから形がある。彼は書く。

 

Truth is made up of opposites.

「真理は反対側によって作られる」

続きを読む マキシマムを受け入れる。 Truth is made up of opposites.    沼畑直樹

「自分補正」のミニマリズム
佐々木典士

自分については少々甘めに、他人についてはちょっぴり厳しく見てしまう。
そんなことを表現する秀逸な比喩を読んだ。


「薄暗い体育館でバスケットボールのシュートを外した人を見れば、その人の腕が悪いと言う。自分がシュートを外せば、体育館が薄暗かったと言う」

続きを読む 「自分補正」のミニマリズム
佐々木典士

「感度」のミニマリズム
佐々木典士


少ないモノで生活していると、たびたび「何が楽しいの?」という表情をされたりする。
気持ちはとてもわかる。ぼくも5年前、10年前にミニマリストに出会っていたら同じ反応を取っただろうから。振り返ると、ぼくは刺激に囲まれすぎていた。

続きを読む 「感度」のミニマリズム
佐々木典士

埋め尽くさない。   沼畑直樹

 

小学校4年生のとき、シャープのX1というパソコンを買ってもらった。

たぶん、中古だから5万円くらい。

以来、プラミング言語でひらがなを作ったり(基本的にカタカナしか打てなかったため)、絵を描くツールを作ったりすることに没頭した。

PCにのめりこんだきっかけは、同級生の佐々木くんが富士通のFM-7というPCを持っていたことだった。

彼の家に泊まりにいき、「ザ・コックピット」というゲームをやった、あのとき。

今おもえば、「不完全なゲーム」たちとの出会いだった。

 

続きを読む 埋め尽くさない。   沼畑直樹

「何もしない」旅の本 スロウリィ があさって発売です。  
沼畑直樹 

7年間のクロアチアの旅が一冊の本になりました。

佐々木さんとの仕事で通ったクロアチアで見つけた、「何もしない」という過ごし方。

ローマ皇帝のころから続く、バカンスという文化。

続きを読む 「何もしない」旅の本 スロウリィ があさって発売です。  
沼畑直樹