BLOG

引っ越しは楽しい②<br />ビッグベンとカール<br />佐々木典士

引っ越しは楽しい②
ビッグベンとカール
佐々木典士

東京からはとにかく離れたかった。 ミニマリズムを実践しはじめて、東京の魅力が半減していくの […]

引っ越しは楽しい ① 変わる「旅先」<br />佐々木典士

引っ越しは楽しい ① 変わる「旅先」
佐々木典士

京都に引っ越してから早4ヶ月が経とうとしている。ぼくのは「引っ越し」という感じで「移住」と […]

雨キャンプは、小さい世界。        <br>     沼畑直樹

雨キャンプは、小さい世界。        
     沼畑直樹

 

今年はじめてのキャンプは、雨だった。

予報で雨になるのは知っていて、「雨を楽しむ」という心構えで向かったものの、栃木県の山の中のキャンプ場で、割り当てられた場所には大きな水たまり。

どうにもならないので、場所を少し高い場所に替えてもらい、水はけのいい場所に移動。そこでテントとタープを設置することとなった。

 

それからは、言葉にすると「夢中」状態。

忙しく、勢いよく動いているわけではないけれど、じっくり考えながら、雨の中で快適な空間を作るために動く。

やっと完成したら火おこしで、肉を焼いて、他の家族と焚き火を囲んで、あっという間に寝る時間。

 

(さらに…)

minimalism in NY②<br />サービスのミニマリズム<br />佐々木典士

minimalism in NY②
サービスのミニマリズム
佐々木典士

今回はニューヨークで感じたサービスのミニマリズムについて。 接客はチェーン店でも感じ悪い人 […]

minimalism in NY①<br />共有ルールはミニマルに<br />佐々木典士

minimalism in NY①
共有ルールはミニマルに
佐々木典士

ニューヨークの8泊9日の旅が終わった。 感じたことはいっぱいあるけれども、今回はニューヨー […]

『ぼくモノ』英語版『goodbye, things』が届いて。  沼畑直樹

『ぼくモノ』英語版『goodbye, things』が届いて。  沼畑直樹

雨の日に家に閉じこもってPCに向き合っていると、家のチャイムが鳴った。

届いたのは、佐々木さんの本。

『goodbye, things』だ。

(さらに…)

いちばん必要なときに手放す<br />佐々木典士

いちばん必要なときに手放す
佐々木典士

1月1日より断酒し、50日が経過しました。だいたい5日で飲みたいという身体からの欲求がなく […]

ミニマリズムのイメージとあの映画。 潤いのミニマリズム    沼畑直樹

ミニマリズムのイメージとあの映画。 潤いのミニマリズム    沼畑直樹

最近、またコーヒーを淹れる機会が多くなった。 きっかけは、床塗りとカウンターテーブル。 壁 […]

点と点をつなぎ、京都へ<br />佐々木典士

点と点をつなぎ、京都へ
佐々木典士

人生の選択肢は自分で決断できることもあるし、手に負えない力に選ばされることもある。しかしそれがどう転ぶかは、後から見ることでしかわからない。だから必ず何かにつながると信念を持つことが大事。スティーブ・ジョブズの一番有名なスピーチの一部を勝手にまとめるとこんな内容になると思う。 (さらに…)

茶色の床を白く塗って   <br>            沼畑直樹

茶色の床を白く塗って   
            沼畑直樹

ミニマリズムを考えるきっかけになった上小沢邸に改めて感謝。 記事を見たのは2011年のカー […]