茶色の床を白く塗って   
            沼畑直樹


ミニマリズムを考えるきっかけになった上小沢邸に改めて感謝。

記事を見たのは2011年のカーサ・ブルータスでした。

 

今年の正月休みを使って、床を白く塗りました。

2011年に出会った「机やベッド以外に余計なモノが置かれていない上小沢邸」を見て以来、「この心地よさはなんだろう」と不思議な気持ちになり、モノだらけの部屋で「いつかは」と思っているうちに、アメリカのミニマリズムを知り、今日、理想的な部屋になった気がします。

まだ玄関を塗り残していますが。

 

 


セミナー 「持たない暮らし入門」ミニマリストの豊かな生活 第2回

2017年1月20日  東京・新宿 18時から

シンプリシティ、空間とミニマリズムについて話します。

方法ではない、価値観としてのミニマリズムについて考えます。

http://maneteri.com/lessonlist/lifestyle_01.html

Author Profile

沼畑 直樹
Numahata Naoki
最小限主義者 既婚ミニマリスト 
著作 『最小限主義。』、写真集『ジヴェリ』『パールロード』他(Rem York Maash Haas名義)。旅ガイド『スロウリィクロアチア』

メール info@tablemagazines.com
http://tablemagazines.com
インスタ  http://instagram.com/remyork/
twitter  @remyork

投稿者:

沼畑 直樹

Numahata Naoki 最小限主義者 既婚ミニマリスト  著作 『最小限主義。』、写真集『ジヴェリ』『パールロード』他(Rem York Maash Haas名義)。旅ガイド『スロウリィクロアチア』 メール info@tablemagazines.com http://tablemagazines.com インスタ  http://instagram.com/remyork/ twitter  @remyork

「茶色の床を白く塗って   
            沼畑直樹」への3件のフィードバック

  1. 初めまして。書籍購入して読みました。刺激を受けて、物を減らすようになりました。最初に、服を減らして、台所近辺の処分、整理をして、最近は大物の家具まで処分して、すっきりしました。あんなに物を処分したのに、生活に支障をきたすこともありませんでした。
    肌断食もして、化粧品も買わなくなり、それでも肌は変わりなく、シンプルになりました。娘も,ミニマリストをやっています、誰に教えられたわけもなく。ブログ更新を楽しみにしております。

  2. 初めまして。書籍購入して、刺激を受けて物を減らし始めました。最初は,服から処分して、大物の家具も、最近、処分しました。それでも、生活に支障きたすこともありません。気分が、すっきりしました。またの書籍を期待しております。

  3. 減らしても生きていけることに気づくことは楽しいですよね。このサイトでも不定期ではありますがそういった小さな歓びを綴りたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です