手放すこと≠大切にしないこと 
佐々木典士

手放すこと≠大切にしないこと  <br /> 佐々木典士

手放すのが難しい代表が「思い出のモノ」

子どもの頃の楽しい思い出や、旅のお土産など。

 

そして「誰かからもらったモノ」。

プレゼントや恋の置き土産。

 

 

まずは簡単なものから手放しはじめて「モノがないメリット」を身体に染み込ませる。

こういう難易度の高いものは後回しにするのが第一だと思います。

 

 

そして考えるべきは、

思い出のモノを手放すことと、思い出を手放すことはイコールではないということ。

もらったモノを手放すことと、相手の思いを大切にしないこともイコールではないということ。

 

 

 こういうモノを手放したいと思ったときは、イコールになっている結びつきを解除する。

 

 

思い出のモノを手放しても写真に撮ったりスキャンしていれば思い出せるし、思い出が記憶から消去されるわけでもない。

ぼくは、もらった手紙や写真、思い出のモノをがたくさん手放しましたが、手放したあとも大切に思っています。

 

 

むしろ「手放したいけど、なんだか悪い気がするから持っている」というときよりも、そのモノのを大切にしているとさえ思います。

 

 

大切にするというのはモノを残すことではなく、頭のなかでそのモノをどう思えているかということ。

 

 

モノを残せば、確かに客観的には大切にしているように見える。

しかし、本当に大切にしているかどうかは、自分にしかわからないことですね。

Author Profile

佐々木典士(sasaki fumio)
Writer/Minimalist/Timekeeper  ミニマリスト本「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」は17ヶ国語での発売が決定。1979年生まれ。香川県出身、京都在住。
LINEで送る
Pocket