アブラサス ミニマリスト 財布

「今」「この瞬間」を感じられる財布
アブラサスレビュー(4)


アブラサスの「薄い財布」の魅力。
今回が最後です。

ミニマリスト アブラサス 財布


薄い財布は左利きと、右利き用があり、お札とカードを取り出す方向が違う。そして財布を使う時は上向きに展開して広げて使う(そうでないと小銭がこぼれます)。


そして、右利きなら左手で財布を支え、右手でお札を数えたり、小銭を支払ったりする。つまりお金を払うときの「型」のようなものが決まっている。


「薄い財布」で支払うのには、慣れもあるけれど普通の財布よりはどうしても時間がかかる。これは不便と言っていいだろう。ぼくが前に使っていた大きな財布なら、なんでも乱暴に放り込めた。


時間がかかる→ダメではない。


時間がかかることは、一見不便でデメリットだ。「スマートな支払い」のみが大人のたしなみだとするならば。

 

だけど使っていくうちにそうじゃないことがわかった。この財布を使うためには「型」にのっとらなければならない。縦に開き、利き手で支払う。そしてあわててやっていては、小銭はこぼれ落ちてしまう。


「時間がかかる→ダメ」と考えればデメリットだけれど、「時間がかかる→丁寧に扱える」と考えると180度価値が変わってくる。


時間をかけて、丁寧にお金を数え、支払う、そして受け取る。
支払いの「型」が丁寧な「所作」のようになってくるのだ。

 

堅苦しいはずの「型」「所作」の魅力

 

沼畑さんと最近よく話していることがある。若い頃はその堅苦しさと息苦しさに中指を立てていた「型」、「所作」や「作法」、つまり丁寧さの魅力だ。

 

今でもあまりに形骸化し、本来の意味から離れた「型」や「作法」は好きではない。


だが「丁寧に」何かをすることは、「今」そして「この瞬間」に意識を向かわせ、集中して生きていくことだと気づいた。


モノを捨てることは、「今」に集中すること

 

モノをたくさん捨てていくと、「今」、「この瞬間」に集中できるようになると、ぼくは思っている。


モノを捨てることは
「いつか」使うかもという「未来」
「かつて」大事だったという「過去」と縁を切っていくことになるからだ。

過去も未来も本当はない。
永遠の「今」「この瞬間」が続いていくだけだ。
過去も未来も「経験」することはできない。経験できるのは「今」だけだ。

アインシュタインはこう言った。
「過去、現在、そして未来の間の区別は、いくら言い張っても単なる幻想にすぎない」


だから大事なのは「今」「この瞬間」しかない。というより「今」「この瞬間」しか存在しない。一見存在しているような過去や未来のために、眉間にシワを寄せるのはもったいないと思う。


財布の話から始まり、だいぶ話が大きくなりました。


日々の支払いの作業を通して、丁寧にすることを教えてくれる、そして丁寧さを通して「今」、「この瞬間」に気づかせてくれる財布。これがぼくが思ったこの財布の魅力だ。単に薄く、コンパクトなだけの財布ではなかった。薄くかさばらず、寄付がしやすく、丁寧さも学べる財布だった。

 

アブラサス ミニマリスト 財布

※上下に広げた財布を扱う作業は、さながら俳句を読んでいるようでもある……。

 


時間がかかるから、その間ぼくはゆっくりとした動作で、いままで「モノ」のように接してしまいがちだった店員さんとコミュニケーションをする。「小銭がちょうどありました」、「すみません、あと○○円出します」など細かいことでも伝える。


当たり前の「ありがとうございます」をたとえコンビニでも言うようにしている。

……今日はバスで降りるときに言えなかった。子供のようにお礼を言いたい。


モノを捨て、ミニマルにしていくと「今」に集中できるようになる。そして「人」との関係も変わっていくと思っている。「今」目の前にいる相手に集中するようになるからだ。


その話はまた書くことにしよう。

アブラサス 財布 ミニマリスト
※カギも一緒につけた。iPhoneと財布だけポケットに入れて、手ぶらを楽しんでいる。万が一落としてもカギの音でわかりやすい。

 

アブラサス ミニマリスト 財布
※お札によって大きさが違うことにも気づかせてくれる。海外のようにもっと違いがあると嬉しいが、縦使いの財布はお金の量が把握しやすくなる。50円玉と100円玉の同じギザギザ……わかりづらいので、改善して頂きたいです。

投稿者:

佐々木典士(sasaki fumio)

中道ミニマリスト。 1979年生まれ。香川県出身。編集者。

「「今」「この瞬間」を感じられる財布
アブラサスレビュー(4)」への8件のフィードバック

  1. はじめまして。夏に『ぼくたちに、もうモノは必要ない』を読んで、そこから来ました。

    読ませていただいて、部屋をだいぶん片づけて、もともとシンプルライフっぽい部屋が、そこそこミニマリストな部屋になりました。

    本の方は、表紙に一目ぼれしました。特に「中道ミニマリスト」的思考には大いに賛同します。持たないカーストって、意味ないですよね。手段と目的が入れ替わらないような生き方を心がけたいです(まぁ私の場合、今ひとつ紙モノが捨てきれていない&肘さんのデジタル化手伝いますキャンペーンに、おそらくは読者中、最も近所に住んでいるであろうクセにエントリーしなかった言い訳になってしまっている所もあるんですが)。

    財布については中学生のころから「中身が把握できる量と不必要なスペースのないものにしたい」という願望を持ちつつ、今日に至るのですが、なんと!!!会議で東京に行く14日に、アプサラスのお店がやってる!!!!!会議は四ツ谷なんで、終わってすぐなら18時閉店に間に合うかも!!!!!現物を手に取ってみることのできるチャンス、キタ――(゚∀゚)――!!って感じです。

    あわよくば、上京した時に、ご都合つけば、是非お会いできれば…なんて思うのですが、さすがにいきなりCONTACTにあるメアドにメール…はいきなりで失礼な気がして、まずはコメントを残すコトにしました。

    ブログは肘さんの押しですが(ミニマムなだけでなく、作りがわかりやすくて親しみやすい)こっちも、なんかアップルストアや無印良品のお店みたいなカッコよさがありますね!!

    長々とすみませんm(_ _)m

    1. bingoさん アブラサスの財布はぜひ、試してみてから買われるといいと思います。「薄い財布」も「小さい財布」も「旅行財布」もどれもいいですよ。カラバリもあるので、ぼくはめちゃくちゃ悩みました。肘さんのブログ、勢いがあっておもしろいですよね。肘さんも優しいイケメンですのでぜひ機会があれば、お会いになってみてくださいませ。

  2. こんばんは。先日は丁寧なレスをありがとうございましたm(._.)m
    上京し、会議の後でアプサラスの直営店に行ってきました(^_^)v
    『小さい財布』と『薄い財布』を最後まで悩みましたが、小一時間ほど悩んで、結局『薄い財布』にしました。帰りの新幹線で早速、入れ替え作業をしました。カードを「普段から入ってた方が良いもの」と「必要な時だけ持っていくもの」と「いらんもの」にわけながら、スッキリした財布を見てニヤニヤしています。もともと、道具にこだわりのある方なので、直営店でこだわって選ぶコトができて良かったですo(^▽^)o
    減らすべきモノは減らし、大事にすべきモノは大切にし、自分なりのミニマリスト道を楽しんで歩んでいこう!と決心を新たにしました。
    次に上京する時には、勇気を出して「お部屋を見せて下さい」とお願いしてみようと思います。今日言うて明日…なんてコトはしませんので、機会あればよろしくお願いしますm(._.)m
    帰阪する新幹線車内にて。 bingo

  3. はじめまして。私もアブラサスの薄い財布を愛用しています。
    以前から「財布をポケットに入れたいけど、あの異物感がどうしても嫌だし、いやでも鞄の中に入れっぱなしというのも…うーむ。。。」というのが続いており、薄い財布に目をつけてはいたのですが、昨年12月に”ぼくモノ”を読んで晴れて購入に踏み切ることができました。
    財布に鍵をつけるのも真似させて頂いていますが、本当に快適ですよね。
    最近は小銭は常に0枚、非常時の1万円札2枚&常駐カード5枚で、支払いはカードとしているので、逆にポケットの中がスースーするような気分爽快な日々を送っています。(笑)

    私事ではありますが、少し前は仕事や家庭面で非常にハードな日々が続いていたのですが、書店でふと手にした”ぼくモノ”のおかげで、最近は良い流れ、良いことの連鎖が現れてきました。
    それまでは自分ではどうしようもなかった生活を一変させるきっかけを与えてくださったことに本当に感謝しています。

    1. Ritchieさま ぼくよりもミニマルな財布の使い方をされていますね。鍵をつけるの、真似して頂いてうれしいです。モノを減らした好循環、これからも起こりますように。

  4. 佐々木さんはじめまして。
    アブラサスの同色の財布をたまたまわたしも使っていていつも鍵をどうつけてるのかと思っていましたがカードポケットにリングをつけていらしたんですね。
    まねしてもいいですか?笑

    いつもボクものをなんども読み返しています。
    この本のはなしを友人に話すと反応は様々です。ただ、みんな本当はミニマルでいたいという気持ちを心の隅に宿しているのだと最近感じています。どう過ごせば健やかに生きていけるのか。私の人生における大きな転換期をもたらしてくれる。筋違いかもしれませんがそんな本を書いて頂き本当にありがとうございます(^^)

    1. りょうまさん 確かにミニマリズムは反応さまざまですが、確かにどこかで憧れてる方はいるでしょうね。逆もまた然りですが。カギつけると、それだけでふらっと出かけられていいですよ。どうぞまねしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です