ミニマリズム幸福論を執筆中。     沼畑直樹


 

 

年末に私、沼畑直樹のミニマリズム本が出版されます。

ミニマリズムが起こす幸福論をテーマに、毎日どこかのカフェで書いています。

書きながら、ミニマリズムは本当に人を幸せにする考え方だなぁと感心しています。

タイトル、内容等はこのブログにて随時発表したいと思います。

このブログからは2冊目ということになります。

ブログでの体験なども書いています。

 

また来年2月には「何もしない」をテーマにしたクロアチアのガイドブックも出します。

私のミニマリズム感を存分に反映させた文と写真のガイドブックになります。

 

昨日は佐々木さんと松濤のフィアットカフェにてイタリア人歌手のイベントに行ってきました。

神泉で飲んで楽しかったです。

 

 

Author Profile

沼畑 直樹
Numahata Naoki
最小限主義者 既婚ミニマリスト 
著作 『最小限主義。』、写真集『ジヴェリ』『パールロード』他(Rem York Maash Haas名義)。旅ガイド『スロウリィクロアチア』

メール info@tablemagazines.com
http://tablemagazines.com
インスタ  http://instagram.com/remyork/
twitter  @remyork

投稿者:

沼畑 直樹

Numahata Naoki 最小限主義者 既婚ミニマリスト  著作 『最小限主義。』、写真集『ジヴェリ』『パールロード』他(Rem York Maash Haas名義)。旅ガイド『スロウリィクロアチア』 メール info@tablemagazines.com http://tablemagazines.com インスタ  http://instagram.com/remyork/ twitter  @remyork

「ミニマリズム幸福論を執筆中。     沼畑直樹」への4件のフィードバック

  1. 年末を楽しみにしています。
    幸福論、ミニマリストを哲学から切り出してみるのは興味があります。自分ではまとめきれないですし…。

    インテリア、建築、経済から、ミニマリストは様々な視点や分野で広がる無限の可能性を秘めていると思います。
    その為に、定義的な、学問っぽい認識が広まれば、共感してくれる層が一気にグレードアップしそうですね(笑)

    日本ミニマリスト協会、なんてできそうでしょうか。面白ろ可笑しくでなく、真面目に!です。

    大衆化してチープになりがちなサブカルチャーを、芸術や文芸といった文化に引き上げていくためにも、もっともっと深く、考えて生きたい分野です。

  2. 私も佐々木さんも、ミニマリズムという考え方は、私たちの未来のスタンダードになるとずっと信じています。
    また、「自分の体験しか語れない」と言っている以上、私の体験から導く幸福論の本になりそうです。
    今は夜中の3時、月明かりの下、ベランダで書いています。

  3. こんばんは。
    沼畑さんのミニマリズムの本が発売されるとは!
    すごく楽しみです。購入して拝読させて頂きます。

    「何もしない」をテーマにした本もとても興味があります。
    両者は根っこの部分でつながっていると思います。

    そして私もミニマリズムは人間を、いや結局すべての生き物を
    幸福にする生き方だと毎日毎日実感しています。
    なんて、なんて幸福なんだろう!って思います。

    カフェで執筆、というのも幸福な時間ですね。
    年末、楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です