ミニマリストとは。   
  沼畑直樹


最小限主義。

今日の夕方ごろから、はやいところでは書店に並ぶそうです。

正式には明日21日から。アマゾンも明日の朝にカートが開くそうです。

 

《スロウで美しい最小限主義の日々》。

これは、本の最後の章030のタイトルであり、最後まで本のタイトル候補だった言葉です。

キザだったり、かっこつけすぎだったり、意識高すぎだったりするかもしれませんが、最小限主義の日々を過ごした答えがこれでした。

これは、どうしてこの本を書いたのかという、問いの答えでもあります。

 

ミニマリスト、ミニマリズムという言葉と出会ったころ、佐々木さんとよく、こんな話をしていました。

「最小限で考えるという方法は本当にいいね」

 

佐々木さんはさらに、「ミニマリズムをちゃんと紹介する本を作りたい」と、熱く語っていました(ご存じのように普段は非常に冷静です)。

基本に立ち返ると、やはりここです。

「最小限で考えるという方法は本当にいい」

「ミニマリズムをちゃんと紹介する本を作りたい」

佐々木さんは《ぼくモノ》で「ミニマリズムをちゃんと紹介する本」を実現しました。

サイトでは、「ミニマリズム、ミニマリストという言葉の意味を狭くすることなく、多くの人に届く多様性のある言葉にする」という部分を追究してきました。

私は《最小限主義。》で、「ミニマリズムをちゃんと紹介」しつつ、ミニマリズムの多様性を表現しようと試みました。

そのため、「ミニマリズムを感じるとき」にフォーカスをあてました。

すっきりした部屋で、ふと感じる「ミニマリズム性」。

キャンプの夜中、ホテルの部屋、海の上。

多くの日本人が持つ感性です。

 

 

モノを捨てる方法

 

私にモノ捨てのノウハウは正直ないです。

が、このミニマリズムの瞬間を部屋でも実現したいという気持ち一心で、結局はいろいろとモノが捨てられたと思います。

でも、大好きなスーツも、生活に必要な洗濯機もお風呂もある。

最初は、私も佐々木さんも、2011年にTED講演をしたグラハム・ヒルや、佐々木さんは特に持ち物が究極に少ないアンドリュー・ハイドに憧れました。

すぐに移動できる暮らし。私が若い頃やっていた暮らしです。

 

でも今は二人とも、ミニマリストという言葉は段ボールひとつの人だけのものではないと確信しています。

私の考えるミニマリストとは「ミニマリズムを考えたり、感じたりする感性を持つ人」です。多くの反発もあるかもしれませんが、私はそう考えています。

 

 

《最小限主義。》は、「モノが最小限」という本ではありません。

その点では、多いに期待はずれかもしれません。

でも、「ミニマリズムの感性」をみなさんと共有できば、本当に幸せです。

そして、ミニマリズムという「伝統」文化は、日本で再び醸成されると信じています。

 

本が書店に並ぶ前に、佐々木さんはじめ、このサイトで応援してくださった方々に心から感謝します。ありがとうございました。

 

沼畑直樹

 

 

 

Author Profile

沼畑 直樹
Numahata Naoki
最小限主義者 既婚ミニマリスト 
著作 『最小限主義。』、写真集『ジヴェリ』『パールロード』他(Rem York Maash Haas名義)。旅ガイド『スロウリィクロアチア』

メール info@tablemagazines.com
http://tablemagazines.com
インスタ  http://instagram.com/remyork/
twitter  @remyork

投稿者:

沼畑 直樹

Numahata Naoki 最小限主義者 既婚ミニマリスト  著作 『最小限主義。』、写真集『ジヴェリ』『パールロード』他(Rem York Maash Haas名義)。旅ガイド『スロウリィクロアチア』 メール info@tablemagazines.com http://tablemagazines.com インスタ  http://instagram.com/remyork/ twitter  @remyork

“ミニマリストとは。   
  沼畑直樹” への11件のフィードバック

  1. 久しぶりにワクワクしています。
    「ミニマリズムの感性」をどこまで追求できるのか。
    ずっと考えていました。

    ドイツにはバウハウスがあり、ブルーノ・タウトや、
    サヴォア邸、コルビュジエの小さな家に憧れ、
    世界には美しい建築やミニマリズム精神が東洋西洋問わず
    同じ感性をもつ人々は、言葉を超えて存在すると。

    美しいものは、ずっと目にしていても飽きないですし、
    心を研ぎ澄ましてくれます。

    本は近くの有隣堂で、15時以降に店頭に並ぶといっていたので、
    娘の幼稚園のお迎えに行きながら、購入したいと思います。

    1. 15時ですか…早い…緊張してきました。
      私も最近、取材を受けるなかでどうして建築雑誌が好きだったのか、わかりました。多くの人がそういう建築や空間を好きだと思いますが、どうして好きなのかと聞かれると答えづらいですよね。ミニマリズムな旅館の空間も好きです。お迎えお疲れさまです。

  2. 「ミニマリストという言葉は段ボールひとつの人だけのものではない」
    読むのが一層楽しみになりました。

  3. こんばんは。

    『ぼくモノ』とパパスさんのブログ【ミニマゾクの生活】から来ました。

    パパスさんが『最小限主義』こそbingoに合うミニマリズム本だとおっしゃってくださいましたが、このブログを読んで、得心いたしました。

    「ミニマリストという言葉は段ボールひとつの人だけのものではないと確信しています。私の考えるミニマリストとは「ミニマリズムを考えたり、感じたりする感性を持つ人」です。多くの反発もあるかもしれませんが、私はそう考えています。《最小限主義。》は、「モノが最小限」という本ではありません。」

    ↑その点で、おおいに期待しています。

    「すっきりした部屋で、ふと感じる『ミニマリズム性』。キャンプの夜中、ホテルの部屋、海の上。」

    ↑『最小限主義』を手にして読んだ時、きっと「ミニマリズム性」を感じられる、そう確信しました。ぜひ、読んでみたいと思います。

    1. ぜひ読んでみてください。自分の好きな本やCD、趣味のものを捨てたあとは、逆にモノの量はどうでもよくなりました。生活に必要な必需品はまだまだたくさんあるし、キンドルで好きな本は買っています。あとは部屋の空間性なので、毎日の片付けの習慣を大切にしています。
      また、モノを捨てる前も、ミニマリズムという言葉を知る前も、私は時々ミニマリストだったのだと今では思います。ミニマルな空間や時間、考え方が好きでした。ただ、どうして好きなのかよくわかっていなかったようです。今は本当にいろいろな場面でミニマリズムを楽しんでいます。質素清貧の食事も大好きです。昨日の夕食は五穀米に香の物、おせちの残りの黒豆と切り干し大根…。最高でした。

      1. 沼畑さま・パパスさま

        こんにちは。

        著者たる沼畑さんと、推薦してくれたパパスさん、どちらを欠いても画竜点睛を欠くので、お二人にという形で失礼します。

        大阪市内では、なかなか手に入らない本でしたが、先日、奇跡的にその書店最後の一冊を手に入れ、とりあえず一周目、読み切りました。

        気に入った本は何度も読む壁があるため、二周目以降、また違った発見や感想を持つかもしれませんが、今のところ…。

        少なくとも、パパスさんの言う、bingoにはこの本がお勧めだ、ということ、今まで疑惑や確信であったものが、読んでみて真実だということが分かりました。減らし方(方法)など、礼を尽くして教えてもらえばいい。それよりも、bingoが知りたいのは、もっと思想的なこと(原理)だったので。bingoなりの原則を作り出すために「その点で、おおいに期待に応えていただきました」。

        良著名作、眼福にあずかりました。ありがとうございます。

        1. 感想ありがとうございます。「最小限をものさしに考えること」はいつもの習慣になっていて、今まで学んだあらゆることも最小限で考え直しています。そういう時間がとても穏やかで楽しいです。bingoさんなりの最小限の思想をまたお聞かせください。楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です