「最小限主義。」と「ぼくモノ」
佐々木典士



きれいな夕陽を見て、写真に撮る。
ぼくには、その写真を特に説明もなしに送りつけることのできる相手がいる。

 

沼畑直樹さんである。

 

 

沼畑さんが書いた「最小限主義。」でぼくが感じたことはいろいろあるが、ここではひとつだけ記したい。
幸福論のミニマリズムについて。

沼畑さんは、ずっと幸福について考えていた。
その幸福が、ただ夕陽を見るということから、さらに推し進めて
幸福とは「空」を感じることである、という結論にこの本では行きつくことになる。

「空」を感じているかどうか。
これは確かに、ミニマルな幸福論である。


今日、自分は朝陽を見たか、夕陽を見たか、星空を見たか、月を眺めたか?
自分に問いかけてみる。それで今日一日を振り返ってみる。


こんまりさんの「心がときめく」かどうか、という判断基準はミニマルでわかりやすい。
「心のときめき」はすごくわかりやすい基準だけれど、その中に実はいろいろな条件を含んでいる。
いろいろな条件を満たして始めて「心のときめき」が発動する。


「空を見たかどうか」も簡単なようでいて、実はいろいろな条件がある。


たとえば、空を見上げるぐらい、心が前向きであること。
夕陽を眺められるくらい、時間のゆとりがあること。
遅くまで起きていたり、昼まで寝たりしない、自然な生活をしていること。
人工物に遮られすぎない場所にいること。
世界を美しいものとして見ること。


「ぼくモノ」は単にモノを捨てる本、ミニマリストを紹介するだけではなく、新たな幸福論のつもりで書いた。ぼくのメモには、幸福を構成するたくさんの要素が列挙されている。幸福学では、48もの要素が挙げられていたりする。そのひとつひとつを自分に毎日問うのは大変だ。

「空を眺めたかどうか」
自分に毎日問うのは簡単だし、有効でもある。

「ぼくモノ」のあとがきに書いた。
ミニマリズムを通して、友人までできたことを嬉しく思うと。

2008年に出会った沼畑さんとは、仕事で4回もクロアチアに行くことになる。
その中の1回は、ハンガリーにも行ったし、スロヴェニアにも行った。
どれも思い出深いけれど、1年に1回ほど海外に一緒に行く仕事相手という関係だった。
それほど仲がいいというわけでもなかった。
それがミニマリズムを通して、変わった。

ぼくは、コーヒーのサードウェーブも、ポートランドのことも沼畑さんから教わった。
海外の新しい価値観に敏感な沼畑さんから話を聞いて、ぼくはふんふんと話を聞いていた。

沼畑さんも書いているように、ぼくたちは互いに影響を受けあっている。以前は、沼畑さんからぼくが話を聞き、一方的に影響を受けるだけだった。沼畑さんから教えてもらったミニマリズムのおかげで、それが少し変わった。


ミニマリズムは沼畑さんからぼくが受け取った種のひとつで、ぼくの中でとても大きなものに育った。


「ぼくモノ」は先に世に出て、「最小限主義。」は後から世に出た。
だけど、それは双子の弟が先に生まれてきたようなものだと思う。

 

「ぼくモノ」がなければ「最小限主義。」はなかったかもしれない。

 

そして「最小限主義。」がなければ「ぼくモノ」はきっと生まれてこなかった。

投稿者:

佐々木典士(sasaki fumio)

中道ミニマリスト。 1979年生まれ。香川県出身。編集者。

「「最小限主義。」と「ぼくモノ」
佐々木典士」への23件のフィードバック

  1. いつも素敵な文章を読ましていただいています。
    空…。見上げてなかったなぁ。明日から顔を上げてみよう。
    佐々木さんの咲かせた「ぼくモノ」という名の花から私は種をもらいました。今、新芽が出てきそうなところです。
    ゆっくりと、そして大切に育てますね。 

  2. 「いろいろな条件を満たす」そのいろいろを
    ひとつひとつ説明しなくても分かり合える。
    「夕日の写真を説明もなしに送りつけることができる」
    些細な事も少しの表現で伝わる相手がいるという幸せですね。
    そういうつながりを大切にすることも最小限に必要なことだと思います。
    いま気付かせてもらいました。感謝。

    1. Kosyさま 沼畑さんもいつもメールの文章も短いです。宛名なんかもありませんし(笑)。それでぼくもぞんざいだとも思わないので、気心しれた関係はいいですね。コメントありがとうございます。

  3. 佐々木さんと沼畑さんは、必要不可欠な存在なのですね。
    そんな相手に巡り合える人生がとても羨ましいです。

    私も「人間関係のミニマリズム」という観点で深く思いを巡らせてみました。
    そうしたら、最終的には自分だけが残りました。
    切っても切れない存在です。
    大切なものだと気が付きました。
    もう一つ、贅沢かもしれないけれど、
    家族。

    人間関係をミニマムにすると、
    悩みもなくなりそうです。

    素敵なお二人のこれからのご活躍、
    とても楽しみにこれからも応援させていただきます。

    1. umi―hoshiさま 人間関係も不必要に増やしすぎず、かといってひとつがダメになってもそれで終わりにならないよう、多様性はありつつ考えていきたいと思いますね。ありがとうございます。

  4. 遅くなりましたが、先週の対談に参加させてもらいました。
    お二人のトークも楽しみでしたが、ミニマリストに興味のある人達をみるのも初めてだったので、嬉しかったです。
    あまりネットで検索しないので、某番組の特集がそんな捉え方をされてたなんて知りませんでした。誰もそれを目指せなんて言ってないのに、批判するのは極端だなぁと。
    トークを聞いてても理解できるところもあったし、私は違うなぁと思ったり、それぞれの形で浸透していけば良いですね。本読みすぎてぼろぼろです。

    1. kumaさん トークショー参加頂きまして、ありがとうございます。本も沢山読んで頂いて嬉しいです。みんなが意見同じは気持ち悪いので、ぜひご自分で実践されてみてくださいませ。

  5. はじめまして。
    ご著書、拝見させていただきました。
    上手く言えないのですが
    書いてくださって、ありがとうございます。
    どうしてもお礼言いたくて
    書かせていただきました。
    不躾お許しくださいませ。

    1. えまさま 書くことはそれなりに大変で勇気も必要でしたが、そういった感想頂くと書いた甲斐がありました。コメントありがとうございます。

  6. はじめまして。なかなか書けずにいました。
    先日のトークショーには山梨から参加させていただきました。
    穏やかで謙虚なお二人のお話はとてもよかったです。
    恥ずかしいですが、私はちょうどお二人の親ほどの年齢です。
    初めて佐々木さんの本を読んだとき涙が出ました。
    そして沼畑さんの「最小限主義」でもまた泣きました。
    素晴らしい生き方に深く納得で、
    よくぞ文章にしていただいたという感じです。
    ほんとうにありがとうございました。

    1. hitomiさま トークショーでは遠いところから、わざわざありがとうございました! 温かいご感想を頂きまして本当に嬉しく思います。伝わる方には伝わるのだと信じて、これからも活動してゆきたいと思います。本当にありがとうございました。

  7. こちらこそトークショーに参加していただきありがとうございました。ご感想とても嬉しいです。本を出してからは忙しかったり、刺激が多くざわつく感じですが、自分の普段の生活を取り戻すというか、また落ち着いた暮らしになるよう気をつけています。またこのブログで静かな日々綴りをしますのでコメントお待ちしております。ありがとうございました。

  8. ステキな話です。

    「特に説明もなしに送りつけることのできる相手」…「背中合わせの関係」というか、「感動を共有できる関係」というか、まぁそういうコトなんですが、どれだけ極限のミニマリズムであっても、決して断捨離してはいけないし、しないし、できない…。

    その関係は、感じられる人にはどのような状態でも感じられるんでしょうが、ミニマルになることで、誰でもが感じられる、最近はそんな気がしてきました。。。

    1. bingoさん ミニマルになることで、普通ーのぼくでもいろいろなことが変わりました。増やすことは誰にでもできるわけではありませんが、減らすことはお金もそれほどかからないし誰にでもできる。そんなところに魅力を感じています。

      1. 佐々木さま

        「きれいな夕陽を見て、写真に撮る。
        ぼくには、その写真を特に説明もなしに送りつけることのできる相手がいる。」

        …東の双璧は、10年、100年の後も、かくあって欲しいと、切に願います。

        3月5日の来阪を、楽しみにしています。

  9. はじめまして
    僕は2009年ころにミニマリストという言葉を知り、漠然とですが、そういう生き方ができたらいいなと思っておりました。
    しかし上手く自分の考えをまとめることができず、自分が理想とする生き方ができずにいました。
    でも佐々木さんの著作を読み、自分の中で曖昧なままでほったらかしにしてた思いをはっきりとさせることができ、今まで溜め込んできた必要だと思い込んでた不要なモノをすべて処分しました。
    処分したものの中でどうしても必要なモノがあれば新たに購入すればいいと、思い切って捨てました。
    買い直したモノはゼロです。

    そして手に入れたものは心のゆとりです。

    佐々木さんには感謝の気持ちしかないです。
    本当にありがとうございます。

    1. シノダさま ぼくもフットマーサージャー以降は買い直したものはゼロです。そしてまた手放してしまいました。モノから離れて本当にいろいろなことに気づくことができました。こちらこそ感謝いたします。ありがとうございました!

  10. 最近、ミニマリストもゆるりまいさんのブログもなーんにも知らないのに、たまたまミニマリストな方とたまたまお会いしました。
    一般的な家よりモノは少ないとはいえ、自分なりのミニマリズムもまだ道半ばな我が家ですが、居心地のよい空間だと言ってもらえて嬉しかったです。その方が同居している家族はどちらかといえばマキシマリストのようですが、うまくやってらっしゃるようで、見習わなければなぁと思いました。が、散らかってるモノにイライラしないのはまだ私には難しいです…。心をミニマリストにしてしまうのは結構カンタンにできてしまうのに。今後の課題です。

    1. ちびさま 自分のモノは散らかっていると気になりますが、人のものはあまり気にならないんですよね。ごちゃごちゃしたお店なんかも結構好きです。ミニマリズムを感じるのには時間がかかると思いますので、少しずつ進めてくださいませ。

  11. 佐々木さま
    初めてコメントさせていただきます。
    私にとってとてもいい時期にとても素敵な本に出会うことができました。
    心から感謝しております。
    …と言いながら書店では1度スルーしていました、す、すみません。
    私とは次元の違う100歳くらいの方が書かれた本だとばかり思っておりました。
    私と同年代の佐々木さんが書かれたことに驚き、私にも真似できる部分があるかもしれないと思うことができました。
    私はまだまだ物を減らしはじめたばかりですが、心がどんどん穏やかになっていくことを実感しています。
    ありがとうございます。
    モデルハウス見学の手続き等ありましたら教えいただけると幸いです。

    1. おつさま 良きタイミングで、ご縁を感じますね。心が穏やかになる、本当にすばらしいことだと思います。これからの見学会については、仕組みを検討しているところでございます。コメントありがとうございます。

  12. 佐々木さま

    初めてコメントさせていただきます、最近ミニマリズムに目覚めましたみーと申します!
    佐々木さんの本は以前から気になっていたのですが、本屋で見た際に「考えるな、捨てろ!」の一文を見て、レジに直行しました(笑)この言葉は、今の私にズキュンときました!
    著書はあともう少しで読み終わりますが、最高です~!!!
    こんな本を書いていただいて、本当にありがとうございます。
    私にとって、この本の言葉一つ一つが感動的で、全て腑に落ちる感じです。
    私にとって、今この本は最高の癒しです。
    今年から強烈に断捨離したくなり、少しずつ物を捨てていましたが、この本のおかげで更に加速しそうです。
    来年は、佐々木さんのお部屋を目指していつもスッキリ&ピカピカの家にしたいです。
    佐々木さま宅のモデルハウス見学がありましたら、是非参加させていただきたいです!

    1. みーさん。 「考えるな、捨てろ」これはあまり言及されることが少ないのですが、書いてよかったです(笑)。モデルハウス見学会は、日時をぼくが決めて呼びかける形に今後はしようかと思っておりますので、機会ありましたらぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です