1年後のミニマリズム④
〜自分で選ぶ、好きな時間〜
佐々木典士


ミニマリストの定義のようなものをするなら、
そのひとつは「大事なもののために減らす人」のことだとぼくは思っています。
この考えは1年後の今も変わっていません。

モノと向き合うこととは?

モノを減らすためには
気に入っていないモノの中から、気に入っているモノを選びだすだけでなく、気に入っているモノ同士を比べてよりどちらがより良いか感じる必要があります。

減らしたいのに、減らせなくて
「なぜこれが減らせないのか?」「一体何に自分は執着しているのか?」
何度も何度も自分に問いかける。

つまりモノを減らすことは、モノと向き合っているようでいて実は、自分の価値観と向き合っているのです。自分が本当に好きなものは何か、どこまでの持ち物で自分は良しとするのか。

自分の価値観に気づいていく

そんな風にモノを減らしていくなかで「自分で選ぶ」という感覚が研ぎ澄まれてていく。一般的に「まあ、こういうものだよね」という曖昧な基準はなくなっていく。

ぼくはバスタオルではなく、1枚の手ぬぐいを使っています。
食器洗い専用の洗剤や、洗濯洗剤や髪専用のシャンプーでなく、ただの洗剤をすべてに使っています。そして毎日同じような服装をしています。

どれも「まあ普通こうだよね」とか「この場合こうするよね」という基準から離れ自分自身で「これでいい」「これで充分だ」と決めた基準です。

減らしていくなかで、本当の自分の価値観に気づいていく。
そうしてぼくは以前より「自分が好きなこと」がはっきりとしてきました。
旅をすること。運動すること。自然と親しむこと。気を許せる友人と語らうこと。本を読むこと。何かを書くこと。

どれも当たり前のものですがこれが本当に好きなんだと、ようやく確信ができてきたのです。

沼畑さんの「最小限主義。」で明確化されたミニマルな幸福論「空」も大きかったです。気分が落ち込むことが今でもありますが、その度にぼくは広い空を探しては、気持ちが晴れあがっていくのを感じました。たぶん「空」には主観を超えた幸福があるのだと思います。


汚部屋時代には、超夜型の生活を過ごしていたことと、掃除ができていない埃が太陽光で目立つのが嫌で、24時間雨戸を閉めていました。当時は気づいていませんでしたが、自分で自分に「空がない」という追い打ちをかけていたのです。

変化していくすべて

何度も書いてきたように幸せに「なる」ことはできません。
モノを減らしたからといって幸せに「なる」ことはできない。

それは苦しみがあるからこそ、幸せを感じることができるからです。
絶対的な基準はなく、あるのはただの「落差」のみ。
「一切皆苦」を説いた、仏陀のことを考えてもいいかもしれません。


すべては変化とともにある。一切の苦しみがなくなってしまっては、幸せを感じられないように人間はできている。絶対に勝つことがわかっている勝負はおもしろくもなんともない。ずっと休んでいられてそれを誰も咎めなくても、満足はできない。ずっと好きな時間だけでも、それにはいつか飽きてしまう。


だから幸せは、ときおりただ「感じる」ことができるだけ。
ストックできる性質のものではなく、一瞬一瞬で流れていくものです。
流れていく今この瞬間に、意識を向ける。


「大事なもののために減らす人」がミニマリストだと冒頭で書きました。
ぼくにとって大事なものは、好きなことをする時間。その好きなことは、たとえ当たり前のことでも、自分自身で実験し再検討したものです。


せっかく集めたのにモノが管理できず、そんな自分をただ呪ってうだうだしていた時間。人が決めた基準を気にしてばかりで、行動できずにぐるぐるしていた時間。自分を恥じて、他人と比べてばかりいた時間。


そんな時間を、大事な時間のために減らしたのです。
ぼくはモノが好きです。今も買い物をする時間が好きです。
しかしそれ以上に、自分が大切にしたい時間があり、その時間を振り分けたのです。


「減らす」のはなぜか?
他の誰でもない自分が選んだ好きなこと。
その、好きなことをする時間のために「減らす」


これがぼくがこの1年で感じた、結論のひとつだと思います。

投稿者:

佐々木典士(sasaki fumio)

中道ミニマリスト。 1979年生まれ。香川県出身。編集者。

「1年後のミニマリズム④
〜自分で選ぶ、好きな時間〜
佐々木典士」への21件のフィードバック

  1. 16歳です。昨年佐々木さんの本に出会い、それからモノを減らし続けています。
    ブログにお書きになっていることに、いつも共感し通しです。とても私に合った価値観のように思います。
    私の今は試練の連続ですが、モノを減らすことで沢山の事に気付くことができ、また安らぎにもなっています。本当にありがとうございます。

    1. ゆさん ずいぶんお若いのに共感頂けて、嬉しく思います。しなやかに成長していってくださいませ。コメントありがとうございます。

  2. はじめまして。1週間前ぼくものに出会い、感謝の気持ちを佐々木さんにお伝えしたくコメントさせていただきます。

    1年ほど前から、こんまりさんの片付けを取り入れたりして、自分なりに必死に片付けと向き合うきっかけ作りをしてるつもりでした。でも、片付けのことを考えるたびに、やってもやってもスッキリせず暗いドロドロした気持ちになっていました。
    1週間前、いつものように片付けたモノをリサイクルショップに売りに行ったところ、中古品となったぼくものに出会いました。文章の一つ一つが、気持ちのドロドロをスッキリと洗い流してくれました。
    ミニマリズムでは、捨てる行為は許されているのだと感じました。きっと、これまで捨てるモノにどんなにに感謝しても、私自身の中には罪悪感が残ってたんですね。その罪悪感を感じなくていいのだと理解し、救われたと感じました。
    佐々木さんの本は私を救ってくれました。ありがとうございます。
    長文失礼いたしました。
    お互い素敵な人生を過ごしましょう。

    1. PEROさん リサイクルショップの出会いは初めて聞きました笑。捨てることには今も抵抗はなくなりませんが、一生涯の総量でいえば捨てる量も減るのかもしれません。「もったいない」は大事ですが、いちばんもったいないのは自分の心だったりすることがよくあると思います。コメントありがとうございました。

  3. 佐々木さま、はじめまして。佐々木さまの本を読んで、人生観が変わりました。
    ミニマリスト目指して少しずつモノを減らしていますが、27歳独身母と二人暮らしのため、なかなかモノを減らすことが出来ない(母はモノを捨てるのがもったいない!と言います)のがいまの悩みです。
    今度、是非オフ会を開催してください❗

    1. りんさん コメントありがとうございます。家族やパートナーのモノで悩まれている方は多いですが、言葉や、1回の説得で人を変えるのは難しいと思っています。まずは自分のものから始めて、すっきり心地よく暮らされていれば、お母さんにもいつか影響が出るのではないでしょうか。モノを減らしてくなる、自然なタイミングを待たれるのがいいかと思います。

  4. 佐々木さん、ご無沙汰しております。OGAです。
    時間だけは、短く短く、減ってきて困ります。時間の場合は、何かを極端に減らさないと作れません。ふと、携帯もPCも無かった頃、何やってたかなーと、回想するようになりました。考える時間が充実していた時が、何と豊かだった事か。余計な事を考えない生活に、少しだけ目覚めた、今日この頃です。OFF会期待しています。

    1. 大賀さん ぼくも仕事を始めたときにはすでに「PCに向かうこと=仕事」になっていましたね。PC前の編集者の仕事というものにも興味があります。またお会いできる機会を楽しみにしております。

  5. 佐々木さん、はじめまして。
    佐々木さんの本はやる気がなくなった時に読みます。冒頭の写真を見るとよし!片づけるぞ!という気になり、部屋がキレイになると他のことにもやる気になるんですよ。
    私の部屋も大分モノがないというつもりですが、片づけ始めると不思議な事にいらないモノがたくさんあるんですよ。
    今、キレイになった部屋の中で佐々木さんの本を読んでいます。
    いつもありがとうございます!

    1. ちゃんこさん 部屋がきれいになると、他のこともやる気になる。本当にその通りだと思います。ぼくも以前は汚い部屋でぐだぐだしてましたからね。今後も部屋は自分の管理できる量にしたいと思います。

      1. 返信ありがとうございます。感激です。好きな本の作者さんと会話出来るなんて初めてです!
        ミニマリスト活動以外にも、本業の編集者もされているのでしょうか、頑張って下さい。また本も書いて下さいね!

  6. 初めまして!
    私は最近母から「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」を読んでみてと言われ、毎日読んでいます。
    読み始めたら止まらなくなって、私もミニマリストになりたいといつの間にか思っていました。
    なんども共感してきました。あと少しで読み終わります…!
    他人の目を気にして持ち続けてきたものなんていらないのだと教わり、本当にその通りだなと痛感しました。佐々木さんの本を読んでから、心が軽くなった気がします。
    まだモノはたくさんありますが、これから減らしていくのが楽しみです(^^)
    変な言い方ですが、本を書いてくださってありがとうございます。
    私は高校二年生なのですが、いま、佐々木さんの本に出会えて本当に良かったと思っています。
    長文失礼しましたm(_ _)m

    1. Nさま お母さんからお薦めとはありがたい限りです。また若い方に読んで頂いて嬉しく思います。今後も減らしていくなかで、自分と向き合ってみてください。ありがとうございました!

  7. 佐々木さん
    先日は、突然ツイッターでコメントしてすみませんでした。急にお家に伺いたいと言い失礼だったと反省しています。

    ブログも楽しく拝読させていただきました。佐々木さんと読者の方との距離が近く身近に感じられる素敵なブログだと思いました。

    私は、39歳独身で一人暮らしをしています。昔から掃除が苦手ですぐに汚部屋になってしまいます。
    掃除の事で母や彼と喧嘩になる事もあります。
    最近、佐々木さんの本に出会って物を捨てはじめました。物を捨てると気分がすっきりしますね。不思議と人間関係もうまくいくような気がします。
    前向きに変われそうです。ありがとうございます。
    掃除について聞きたい事がたくさんあります。いつか佐々木さんにお会いできる機会がありましたらうれしいです。
    モデルハウス見学会も参加させていただきたいです。
    よろしくお願いします。

    1. あこさま コメントありがとうございます。すみません、見学会についてはメールからお問い合わせ頂けるとありがたいです。都合がなかなか合わせられないので、申しわけないのですが、、、。何卒よろしくお願い致します。

  8. こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
    スッキリとした潔い暮らしぶりを拝見すると身が引き締まります。

    私は賃貸物件に住んでおり、現在転居先を探し中です。
    全体的に暮らしをダウンサイジングしたいと思っていますし、
    できれば賃料も下げたいと思っているのですが、
    実際仲介会社に行くと、結構ネガティブな反応をされるので
    めげそうになります。でも広い部屋にもときめかないし。

    そんな状況で自分の価値観に合う住まいを見つけるには、
    観点や、やり方を変える必要があるのかな?と悩み中です。
    「減らす」ことの実践には色々な通過点があるのですね。

    1. ぺんぎんさま ネガティブな反応? 気になさらなくてもよいのではないでしょうか。ぼくも小さい家の魅力の虜になってしまいましたので、今後もその時々にあった適切な広さの家を探すと思います。広さが基準にならないと、部屋を探す基準も変わりぼくの場合は楽になりました。静かさや日当たりを重視するようになりましたね。素敵なお家が見つかりますように。

  9. 初めまして。
    こんまりさんやゆるりまいさんの本に出会い、片づけ本マニアになっていました…w
    昨年ぼくものと出会いとても楽しく読ませていただきました。
    佐々木さんの文章がとても好きです。

    どうしてモノが少ないといいのか?
    とても腑に落ちました。
    ストンと。

    ちょうど佐々木さんの本に出会ったのが、初めての子どもがまだ1歳になっておらず、大切な実母を癌で亡くした頃でした。

    今のままではいけない。
    という不安だけで、自分がどうしたいのか、何がいけないと思うのか。
    考えれば考えるほど不安だけが増しました。

    でも、そんな考えも佐々木さんの本に出会って変わりました。
    まだ毎日慣れない子育てに追われ、モノと真剣に向き合う時間は十分ではありませんが、毎日娘と空を見上げて、”幸せ”を感じております。
    最近お話が上手になった娘が私の真似をして
    「キレーネー。ソラ。ネー。」
    と言ってくれます。
    きっと私も実母とこんな時間を過ごしていたんだろうなと、胸が温かくなりました。

    佐々木さんに感謝です。
    久しぶりにブログを読んで、また素敵な文章でしたので思わずコメントさせていただきました。

    突然で自分の話ばかりすみませんでした。

    1. りんさん 娘さんと見られる空、とても素敵ですね。文章もほめて頂いて恐縮です! ぼくの書いたもので何かしらのいい影響あると、本当に嬉しく思います。コメントありがとうございます。

  10. はじめまして

    昨日、佐々木さんの本を購入して読みました(iBooksで)

    時々思い当たる節があり、心の中の恥ずかしいところを指摘されたようで耳の痛い部分もありました

    読み終わって部屋を見渡すと、ジャケ買いしたCD、本、山のようにあり…

    心の中の私に問いかけました

    あんたそれ、読んでないよね、聴いてないよね、買ったよって人に言いたかっただけだよね?見せたかっただけだよね?どうなの?

    ときめくとか以前に、私は自分に甘いので…少し荒療治でいきました

    ダンボールに詰め込んで、さっきブックオフへ
    成長期の子供たちと焼肉に行くお金にはなりました笑

    私は今、将来のことについて色々考えている時期です

    いったんシンプルな生活を送ってみて、そこから答えを出して進んで行こうと決めました

    モノが多すぎると正しい判断も出来ないような気がして

    いいきっかけをくださり、本当にありがとうございました

    1. tomoさん お返事遅くなりました。本読んで頂き、ありがとうございました。モノを減らすと、それに縛られず将来の選択肢が増えるとぼくは思っています。ぜひ納得できる決断をなさってくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です