まず、やめることを決める。お酒を断つ。
佐々木典士


新年になると、やりたいことがいろいろと浮かんできます。
が、「やりたいこと」を始めるためには、まず「やめること」を決めることが必要です。

体力も意志力も時間も、去年とは同じままです。
そこにいきなり「やりたいこと」を自分の生活に迎え入れるのは無理があるからです。
手に入れるためには、手放す必要があります。


ぼくが「やめること」筆頭はお酒。お酒のミニマリズム!
ずっとやめたいと思っていましたが、好きでなかなか難しかったです。
やめようと思ったときも、ついつい条件付けが頭をよぎってしまいました。

・誰かといるときはOK
・旅行中はOK
・お祝い事、結婚式などはOK
・好きな女性といるときはOK

などなど!(特に最後ね)
「なんでもほどほど」の素晴らしさもよくわかるので、断酒ではなく、「プチ断酒」「ゆる断酒」がいいかとも思いましたが……。
きっぱりやめてみます。というかぼくの場合はそうしないと多分変わりません。


ちなみに今は断酒7日め、参加した結婚式でも飲まずいい感じです。
小田嶋隆さんが「5日飲まないと、飲みたいと思わなくなった」というようなことをおっしゃっていましたが、そうなりつつあります。これからは「いいじゃん、飲もうよぉ〜」という誘惑を退けていきますよ。失敗したら隠さず報告しますね。


でも、これを「一生続けてやる」という気負いで臨むつもりはありません。
「一生ミニマリストじゃなきゃ!」という気負いがないのと同じです。
とりあえず、ぼくには必要だと思うからやってみるのです。他人に強制しないのも、ミニマリストと一緒です。


手放して本当に必要ならば、もう一度手にすればいい。
変化していく自分に、型を当てはめない。そんな風に「一貫性」はぼくの中で大事ではなくなってきているのです。

投稿者:

佐々木典士(sasaki fumio)

中道ミニマリスト。 1979年生まれ。香川県出身。編集者。

「まず、やめることを決める。お酒を断つ。
佐々木典士」への7件のフィードバック

  1. 初めまして。
    私も本を読んでから、ミニマリズム、シンプルライフ等、興味をもち毎月のように出版される本を愛読しております。
    (ただ、自分の予想に反して大概のミニマリスト達は文章が長く、おしゃべりなんだなんですね)

    私のような携帯電話から皆様の文章を読む者、また、老眼が進んだ者には、少々苦痛なのですが、佐々木様のブログを見つけ嬉しくなり、人生で始めての投稿をいたしました。
    早速質問ですが、茶道や華道家の家に行かれたことはありますか?
    佐々木様の部屋の写真を見て、以前、見た事がある華道家の部屋を思い出しました。
    何もない部屋の柱に、椿が一本さしてあるだけで、わたしはその部屋に圧倒させられました。
    佐々木様は、どう思われますか?
    ミニマリスト達と、日本の文化の茶道や華道家たちとは、何が違うのでしょうか?
    様々な試行錯誤をしながら、様々な飾りをなくした行動は、結果として同じ様に見えます。

    1. ご返信遅くなりました。ミニマリストにもおしゃべりな人もいますし、人によってミニマルにする部分はさまざまですね。詳しいわけではないのであまり大きなことは言えませんが、茶道や華道などミニマリズムは日本の伝統的な美意識に通じるところがあると思います。個人的にも茶室に佇んだりするのがとても好きですね。モノが少ない場所で、いつもより改まった気持ちで何かに向かう。美術館や博物館も同じかもしれません。コメントありがとうございました。

  2. すみません。
    慣れていないし、関連したコメントを出せない。また、訂正ばかりで脈絡もない文章になり、反省しております。

    ミニマリスト達は、日本の華道家たちと似てる?と、始めのコメントに書きましたが、それが届いたのかさえ心配な初心者です。
    では、自分はどうなのかと、確かにお酒を飲まない者には、止めるやめないは、関係ないのですが、大好きな甘い物を止める事ができるのかと置き換えて考え、やっと佐々木様の気持ちを、実感出来ました。
    まだまだミニマリズムは「初心者」
    これからも、読ませて頂きます。
    ひとまず、謝罪を致したく、直ぐに書きなおしました。

  3. はじめましてです。
    ぼくものを読んでかれこれ1年くらいたちます
    以前は服をたくさん持っていたり
    ブランド物をもっていたり
    派手にしていたり
    新しいものをなんでもてにいれたり
    友達が多かったり
    そんな生活がかっこいいとおもっていました
    でもぼくものを読んで佐々木さんに生まれた変化を知って
    感動しました
    ただ物がへっただけでこんなにも人はかわるんだって
    ゴチャゴチャした生活に少し疲れてきたこともあり
    それから押し入れにねむっている使われていなかったものを手放しました
    物もあまり買わなくなりました
    佐々木さんに比べたらまだまだ物は多いですが…
    なんかスッキリとした気分になれましたね

    それでもお酒はしこたま飲んでました
    毎日二日酔いで
    二日酔いにさらに飲むってゆー
    飲まない日なんて考えられないかんじです
    でもそんなに強くないのでやっぱりアルコールが入ると
    仕事とかにも影響してくるし
    パフォーマンス力が下がりますね
    今年はお酒は週1回までに決めました!
    すでに体が軽くて最高ですね!
    週末のお酒が絶対美味しく感じるとすでに、わくわくしています
    付き合いで飲まないことはわたしにはまだ考えられないので
    お酒0はほんとにすごいです!

    派手な生活、お金持ちがインスタで見せつけているような暮らしが羨ましくおもっていましたが
    平凡な暮らしが1番幸せで
    たまにある贅沢に
    感動できるんだなと思ってるこの頃です
    今日生きていられることに感謝したいです

    1. 返信遅くなりました。お酒を辞めてからは本当に体が軽いし、いい変化をいくつも感じました。モノに関してもそうだったのですが、お酒も一旦減らしてみると、といつか適度に向き合える日も来るかもとは思っています。たまの贅沢はいいものでしょうし、週1回のお酒なら美味しく飲めるでしょうね。気づきを忘れずに、日々過ごしてくださいませ。

  4. はじめまして。
    実弟にこのサイトを教えて貰いました。
    色々、考える事がございました。

    私事ですが、自分の愚行で家族と別居しております。

    ワンルームマンションに結果的にミニマリストで暮らしております。

    でも、ミニマリストととは本質が違うと自戒もしております。
    実弟はガチなミニマリストですが。

    お酒の書き込みにも感銘をうけました。
    自分も断酒にトライしては失敗する連続です。

    このサイトをもっと前に出会えればと思いました。

    愛読させていただきます。

    アラカンより。

    1. 弟さんからとは素敵なご縁ですね。お酒でもなんでもそうですが、自分だけだと難しいのでまわりに宣言するのは有効だと思いますよ。今後ともブログをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です