ミニマリストは忘れ物が多い?
佐々木典士

ミニマリストは忘れ物が多い?<br />佐々木典士

ミニマリストの友人とどこかへ出かけていると、忘れ物をしているのをよく見かける気がする。

 

肘さんが2駅ぐらい電車に乗っているだけで切符をなくす。

A1理論が、ご自慢のリュックを電車の棚に置いたまま電車から降りてくる。

姫姉様から「スマホなくした」というエピソードを聞いた日に、iPadをお店に忘れてくる

・確か、すんすんらんども、スマホをお店に忘れていた。

そういうのを見るたびに「…うわぁ」と思うがそれはぼくも身に覚えがありまくりだからだ。例えばぼくは旅行にいくと、何かしらを忘れてしまうことが多い。

・よく行くゲストハウスでは行く度に手ぬぐい忘れる。

・キャンプ場で、サブバッグごと忘れて着払いで届けてもらう。

・モンベルのマイクロタオルという、小さくて薄くて便利なものをハンカチとして使っているが、今までに7枚は買った。

・ジムで鍵の忘れ物を取りに行き、運動したあとにまた同じものを忘れてきた。水筒もジムのなかで蒸発したらしい。

 

資源を無駄にするのが本当に嫌なので、がっかりする。誰かが使ってくれればありがたいのだが……。なんというか、普段持っていないものは全然「手につかない」という感じで、すぐに意識から飛んでしまうようだ。ヒソカのバンジーガムほしい。

 

対策はとにかくまとめて、注意力をそれだけに集中させること。

・持つカバンは1つだけにして、そこにすべて入れる。(小さなカバンを3つぐらい持っている女子を見ると曲芸か何かかよと思う)

・アブラサスの財布には車と自転車のカギをくっつけているので、それだけ持っていけばいいようにする。

・財布は右のポケット、スマホは左のポケットといつも同じ場所に決める。

・充電ケーブルや、薬や、小物類はとにかく用途でまとめて、登山のように小分けにパッキングする。

・カラビナや紐などで、外れないようにくっつける。

・ホテルなどを後にするときは、必ず最後に見回りをする。自分を信頼しない。

 

編集者時代は、大金を持って海外に行くことも多かったので、めちゃくちゃデカイ財布に現金やカード、パスポートをすべてをまとめていた。ぼくがその財布をなくすと、ロケはそこで終わる。あえてデカく目立たせ「これだけは絶対に死守」と守るものを1つにする。それでなんとか乗り切っていた。

 

外では忘れ物ばかりしているが、部屋のなかで「探しもの」をすることは減ったのでこれには助かっている。部屋が整っていると何かをなくしても「この部屋にはない」ということだけはすぐにわかるので、すぐに捜索打ち切りとなる。

 

人がミニマリストになる理由はいろいろとあるが、モノの管理が苦手な人が、防御策として始めるというのも大きくあると思う。

 

それでも少しずつ変わっていく。「モノが手につかない」という自分の資質はあまり変わっていないが、失敗例がたまりその度に対策が立てられていっているからだ。

 

自分を変えるのではなく、仕組みを変える。環境を変える。それは今のひとつのテーマでもある。

Author Profile

佐々木典士(sasaki fumio)

Writer/Minimalist/Timekeeper  ミニマリスト本「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」は17ヶ国語での発売が決定。1979年生まれ。香川県出身、京都在住。


LINEで送る
Pocket