『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』
マキシマムな、ミニマリズムの1冊



6月12日、ミニマリスト本
『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』 を発売させて頂きます。

帯あり ぼくたちに、もうモノは必要ない。

E

(※お問い合わせ頂いております、電子書籍化につきましては後日お知らせさせて頂きます)

 

すでに情報は公開されていますが、どこよりも詳しい内容をこちらで紹介させて頂きます。ブログを元にした内容も、もちろんありますがほぼ書き下ろしです。

 

この1年間、ぼくはミニマリズム/ミニマリストのことしか考えていませんでした。そのかなりの部分をこの1冊にまとめられたと思っています。

 


書いていくうち、元々の予定ページ数を遥かに超えてしまい、大きく削りはしたものの、結果的に304ページにもなりました。

 


ミニマリズムについて、今出ているどの本よりもマキシマムな1冊になったと思っています。

 

ぼくは普段は編集者で、自分の働いている出版社から本を出すというかなり野心的な企画です。初版の印税は受け取りません(増刷分の印税は日本赤十字社に寄付することになっています)。

 

わりと厚めの本ですが、その分お求めやすい税込み1080円という価格になっています(笑)。

 

「ぼくモノ」と呼んでかわいがって頂ければと。

どうぞご期待くださいませ。


 

 

内容紹介


【ミニマリスト宣言!!】

持ちモノを自分に必要な最小限にする「ミニマリスト」という生き方。
ぼくはモノを減らすことで何もかもが変わり、なぜか毎日「幸せ」を感じられるまでになってしまった。


誰かと比べてばかりいて、みじめだった。将来への不安で、ずっと停滞していた自分が動きはじめた。


最小限にしたからこそ、見えてくる本当の豊かさ。モノが少ない幸せがあることを知った。 モノも情報もあまりに複雑化した現代。

そのノイズに阻まれて、本当に自分に何が必要なのか、何を大事にしたいのかさえわかりにくくなっている。

できるだけ多くのモノを手に入れるのが唯一の正解だった時代はもう終わった。それがほんとうの「幸せ」にはつながらないことをなんとなくみんなが気づき始めている。

生き方にはもっと自由な選択肢があっていいはず。
他人の目線ばかり気にした世界から、自分の声に耳を澄ませてみること。

断捨離からミニマリストへ。
終わりのないモノへの追求から一度思いっきり距離をとってみること。

これはもう一度「幸せ」について考え始めることに他ならない。

【巻頭カラー】


1人暮らし~4人家族まで。さまざまな形態のミニマリストの部屋紹介と、持ちモノ紹介です。


Case01ぼくの部屋、汚部屋からミニマリスト部屋への変化。「ミニマリストのモデルハウス」
Case02 「ミニマリストオリジネイター」 肘さん
Case03 「2人で作る心地よい部屋 おふみさんTEEさんご夫妻
Case04 「家族で暮らすミニマルライフ」 やまさん
Case05「世界一周できるミニマル・バックパック」伊藤光太さん


【第1章】


なぜ今、ミニマリストが生まれたのか?

ミニマリストをめぐる「定義」について。
また生まれたときは誰しもミニマリストで、日本人もかつては誰もが、ミニマリストだったこと。フランス人だけでなく、かつての日本人も服なんて10着も持っていませんでした。そもそもミニマリズムの文化だった日本文化についても触れています。


そしてここ数年のうちになぜミニマリストが生まれてきたのか?


①増えすぎた情報とモノ
②モノを持たないで済む、モノとサービスの発展
③東日本大震災

という3つの視点から考察します。

 

【第2章】

なぜ、モノをこんなに増やしてしまったのか?

人にはそもそも何にでも「慣れてしまう」習性があります。そして人には本質的な欲求、「自分には価値がある」と確かめたい気持ちがあります。

そんな前提から始まり、人がモノに「慣れ」やがて「飽きて」しまう仕組みと、道具だったモノがやがて持ち主を損なうまでになってしまう仕組みを考察しています。


・そもそもただの「道具」だったモノ
・豊かになり「自分には価値がある」と伝える手段になったモノ
・だんだんと「自分」とイコールになり、自分自身になったモノ
・最終的に「自分を損なう」主人のように振る舞うモノ


【第3章】


モノを捨てる方法最終リスト55!!
さらに捨てたい人へ追加リスト15!!

そして「捨てたい病」への処方箋


ぼくが汚部屋からミニマリストになるまでに気づいてきた、モノを捨てる方法。そしてモノを捨てるための、たくさんの本を読みました。そのエッセンスを厳選したまとめ。

これ1冊ですべてがわかるような、まさに「モノを捨てる方法の最終リスト」を目指して、ルール形式でまとめています。


例)rule07 「心がときめくモノも捨てる!」


また、ミニマリストが陥りがちな「捨てたい病」への注意点も記しています。

【第4章】

モノを捨て、ぼくが変わった12のこと

ミニマリズムに出会い、ぼくは自分でも驚くほど変われたと思っています。ただモノを捨てただけなのに、まるですべてが変わってしまったようです。そんなぼくに起きた12の変化を、取材させて頂いたミニマリストさんの証言とも合わせながら、まとめています。


・時間ができる
・生活が楽しめる
・自由と解放感を感じられる
・人と比べなくなる
・人の目線を恐れなくなる
・行動的になれる
・集中力が高まる。自己に徹する
・節約だってできる。エコにもなる
・健康になれる。安全である
・人との関係が変わる
・今、ここを味わえる
・感謝できる

【第5章】

幸せに「なる」のではなく「感じる」

モノを自分に必要なだけにすることは、もう一度「幸せ」を自分の頭で考え直すこと。

いい教育を受け、いい企業に勤め、家庭を持ち、子供に恵まれ、マイホームを持ち、孫の顔を見る。そんな「幸せのお手本」をなぞるのではない、新たな幸せについて。

モノを減らし、大事なものために減らしたぼくに起きた変化の意味を改めて、問い直しました。

 


 

 

内容紹介は以上になります。長くてすみません!

 

今後、本には泣く泣く落として掲載されていない原稿もアップしていきたいと思います。

 

また読者の方向けプレゼントなども企画しておりますので、そちらもどうぞお楽しみに。

 

 

投稿者:

佐々木典士(sasaki fumio)

中道ミニマリスト。 1979年生まれ。香川県出身。編集者。

「『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』
マキシマムな、ミニマリズムの1冊」への13件のフィードバック

  1.  大変興味深く拝見しました。そして面白かったです。
    一昔、自分の本当に気に入ったものだけに囲まれて生活するな~んてインテリアが流行り、もしかすると今も流行っているかも知れません。突き詰めていくと・・・何もかも自分と他のもの、他の人とどういう関係性を持ち、どういうつきあい方をするかということかと昨今考えるようになりました。
     で、断捨離を私もやりました。本は1万冊、DVDとかCDとか本当に捨てました。捨てながら、涙がチョチョ切れたりもしました。モノによって支えられていた自分を思ったわけです。
     TED(サイト)で、とある人が、Less stuff, more happinessと銘打って、プレゼンテーションしていました。
    モノも悪くないけれど、次から次へと消費尽くして、大事にしないで、自然を食い尽くしていく欲望の塊チックな人間(自分も含めて)を思うと、とどのつまり、自分の幸せとはいったい何なのかと哲学してしまいます。
     ウチの子供が北大生なので、時々、北大構内を散策しますけど、Boys and girls, Be free from stuffsと言いたくなります。

    1. yoshiさま

      ご感想ありがとうございます。本1万冊断捨離とはすごいですね!
      グラハム・ヒルさんの功績もとても大きいと思います。スモール・イズ・セクシー!
      モノが溢れる先進国では、どこでもミニマリズム的な動きがでてきているようです。

      北大は本当に恵まれたキャンパスですね。散歩しているだけで清らかな気持ちになりました。
      コメントありがとうございます。

  2. はじめまして。
    待ちに待ったミニマリストのバイブル!

    寝るのがもったいないと思うまで夢中になって読んだ本は久しぶりです。自分が思っていることをこんなにドンピシャに書いてある本は初めてでした。ものすごく面白かったです。所々にあった名言も絶妙で、心にズンときました。

    我が家、小学3年・年長・2歳の男子三兄弟がいるのですが、とにかく凄まじく…(笑)、いくら片付けても焼け石に水状態でした。次第に私は鬼婆と化し…(爆)。すさんで行く自分がどうしようもなくイヤでした。
    昔から断捨離なるものはやってきていたつもりでしたが、…ただのつもりでした。これではダメだと思って、ここ一ヶ月くらい、真剣に手放したら、本当に家がスッキリし、家事もかなりスリム化しました。昨日は次男と室内で野球をする余裕ができました(^ω^)

    まだまだミニマリストとはいえない部屋ですが、私も頑張っていこうと思っています。所帯持ちにもできる!と信じて。
    最後に、佐々木さんの活躍、影ながら応援しています。

    1. うさぎさま
      熱い感想、嬉しいです! お子さんが小さいと片づけは本当に大変ですよね。。。。

      ぼくの同僚は「部屋では、取りたいときに、いつでも相撲が取れなければならない!」といっているのですが、部屋で野球とはすごいですね! 独身でも、2人暮らしでも、ご家庭があっても、ミニマリズムは有効だと思っています。

      実際にご家庭を持たれているうさぎさんのような方からコメントを頂くと勇気をもらえます。
      コメントありがとうございました!

  3. 佐々木様

    ぼくモノ、ステキな本でした!!
    ご出版おめでとうございます。こんなとんでもない本を世に出してくださってありがとう。あなたの勇気に心からありがとう。すごく大変でしたね。頑張りましたね。本、とっても良かった。
    アマゾンで予約をして到着してすぐさま読破!まだ読後感でしびれています。

    ボーンナチュラルミニマリストな私ですが、佐々木さんのさらけ出しっぷりにほんとやられました。
    さらに自分の身の周りをミニマルにしだしてまだ数日なのに、、

    すみません自慢になっちゃいますが、、
    見ず知らずの人から、きれいですね、とか何とか言われちゃったりして。
    やばいですこの本。そんな嬉しい副作用があるのかしら?!

    佐々木さんの他の活動もこれを機に見させていただきますね。
    応援しています!!
    お身体に気をつけてくださいね。

    オオニシヤヨイ
    北海道函館市出身
    東京都世田谷区在住
    事務職
    40代
    子供一人

    1. オオニシヤヨイさま

      「とんでもない本」とまで言ってくださって嬉しいです。
      確かに勇気を出して、もういいやとさらけ出してみました笑

      ナチュラルボーンミニマリストさんをぼくは羨ましくもあるのですが、元マキシマリストだったからこそ多くの人の気持ちがわかるのではないかと思っております。

      ミニマリズムは人を健康にしますし、キレイにもさせると思いますよ。嬉しいコメント頂き、ありがとうございます。

  4. 初めまして。

    ストレスから物欲が増し、それと同じくらい部屋を綺麗にしたくなり、その気持ちが物欲より勝ってきた時この本をインスタで知りました。

    わかるこの気持ち!と共感したり笑ったり何度読んでも楽しいし面白いです。

    本を買った時分厚いのに安っ!と思った上に、ブログを読んでびっくり…印税を受け取られないと。。もう欲ってものに囚われてないんですよね。尊敬します。

    「他人と比べない 」は今の私にとって大切な言葉でした。
    ありがとうございました。

    1. ku-さま コメントありがとうございます。ストレスが少なくなると物欲もおさまるんでしょうね。お金は最低限あれば、そのあとはあってもなくても大して変らないので、印税分お買い得な本になっています。これからも人と比べずに生きていきたいですね。本読んで頂いて、ありがとうございました!

  5. 子ども達が寝付いた後の片付けの時間のサボりのYahooニュースで記事を見付けて、今現在の心境そのものだと共感致しました。いつでも引っ越せるよう、片付け始めた膨大な書籍にまた一冊増やすのはどうかと思うので購入はしないつもりですが、興味深いです。ただ、あまり片付けると対人関係まで片付けてしまいそうで、身近に片付け好きの離婚者がいるので、その方からすると本当に何もかも、友人関係や自身の配偶者のみではなく、嫁も息子も、時には孫も「要らない」と結論を出してしまいそうで、見ていて怖いです。

    1. happeaさま ニュース見て頂いてありがとうございます。対人関係をミニマルにすることについても、本ではふれています。が、大事なのはモノではなく人だということも、ぼくのひとつの結論です。電子書籍も出ますので、よろしければチラ見でもしてみてください。コメントありがとうございました!

  6. 香川県に住む者です。
    本、とてもよかったです。カヴァと帯は捨てました。一度読んでるのに、手もとにあると何度もページを開いてしまいます。まだまだ部屋にモノが多いのですが。
    意外だな、と思ったところがあります。139ページ。卒アルのくだりです。部屋のなにかを捨てようと思ったとき、僕だとまず手に取るのが卒アルなので。サイズだけでなく、いろんな意味で重すぎるものじゃないですか?捨てたときの快感が大きかったです。佐々木クンは学生時代の思い出を大事にしているんだろうなあ、って感じました。
    香川の実家の自分の部屋も、すっきりさせたいんじゃないですか?帰省するときのエピソードも知りたいです。

    1. keuさま 同郷に方にも読んでもらえると嬉しいです。卒アルは一般的にはハードル高めだと思いますよ(笑)。実家もすっきりさせたいですね。コメントありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です