写真 2015-03-02 8 35 07B

お部屋紹介
マキシマリストからミニマリストへ



ぼくがミニマリストになってよかったと思うこと。

・時間ができる。
・自由と解放感を感じられる。
・家事が好きになり、生活が楽しめる。
・性格が変わる。
・自分を好きになれる。
・本当に欲しいものがわかる。
・自分の気持ちに敏感になる。
・五感が鋭敏になる。
・自分自身に戻れる。
・大切なことに集中できる。
・創造力が高まる。
・他人と比べなくなる。
・他人の目線を恐れなくなる。
・チャレンジできる。
・行動的になれる。
・人との関係が深まる。
・節約できる。
・ごはんがおいしくなる。
・健康になれる。
・運動できる。
・安全である。
・今、ここを味わえる。
・感謝できる。
・幸せを感じられる。


こんな思いを、このサイトでは伝えていきたいと思っている。
が、言うべきことはほとんどこの写真が伝えてくれるかもしれない。


ぼくの以前の部屋の写真がこちら。

汚部屋  ミニマリスト


今の部屋の写真がこちら。(※同じ部屋です)

ミニマリスト 部屋

ミニマリスト 部屋

 

上にあげたミニマリストになってよかったこと。

 

どちらの部屋が、そう思えるようになるか、写真を見てもらえば伝わると思う。はっきり言ってしまえば、前のぼくはクズだったと自分でも思う。ぜんぜん違う人間になった気分が今はしている。


ミニマリストになった経緯には人によって違う。
引っ越しを契機とした人、鬱病から脱却を図った人、モノのせいで人生が狂わされた人、もともとキレイ好きな人。

ぼくは典型的な「汚部屋」出身だ。汚部屋からの反動。

とにかく何も捨てられない


以前のぼくは全然モノが捨てられないタイプだった。
自分が関わった、どんなモノにも思い入れを感じて捨てられなくなってしまう。


たとえば、仕事でぼくあてに電話があったというメモを誰かが手書きで残してくれる。誰かがぼくのために時間をとって、何かをしてくれたと思うと、そのメモも捨てたくなくなる。ぼくはそんなタイプだったのだ。

ぼくは写真を撮るのが好きだった。
何もかも自分のものにしたかったからだ。
全ての瞬間を保存しておきたかった。

思い出になりそうなものは、すべてとっておきたい。
読んだ本は自分の一部だから、捨てたくない。
興味のある映画や音楽を、他人にも示したい。
いつか時間ができたら、とりかかりたい趣味がたくさんある。


もったいない。
高かった。
まだ使える。
いつか使うかも。


そんな気持ちを合言葉に、捨てられずモノはたまる一方だった。
今とは正反対の考え方だ。


つまりぼくはマキシマリストだったのだ。


とにかくすべてを保存。
買うものは、とにかくデカくて重くて、高性能なもの。


17年前、実家の香川県から、東京に出てきて一人暮らしを始めたとき、部屋のなかには必要なもの以外何もなかった。年月を重ねて、捨てられないぼくの部屋には必然的にモノが増えていった。


増えていったモノに圧倒され、エネルギーを使い果たしていた。
せっかく集めたモノをうまく活用できず、自分を責めてばかりいた。
いくら集めても、足りないものばかりに目が行き、他人を妬んでばかりいた。
それでも捨てられず、身動きできず、自己嫌悪。
悪循環へ陥っていた。

 

ミニマリストとの出会い

 


2010年頃の、断捨離ブーム。その頃から、ぼくは少しずつモノを手放していったように思う。無意識で、モノに押しつぶされている自分に気づいていたのだと思う。


そのときにもモノを捨てる本を何冊か読んだ。
それでもモノを手放すのがとにかく嫌で、本当に苦手だった。


ゴミ同然のモノを注意深く写真におさめてから、涙目になりながらようやくゴミ箱に放り込んだ。そうしてぼくのハードディスクには、膨大な量の「捨てたモノの写真」が残っている。


そして、2013年の年末、沼畑さんのサイトで「ミニマリスト」という言葉を教えてもらったのが決定的だった。http://www.hirata-office.jp/topic/otani_eiko/japandetox/01.html
「ミニマリスト」で検索した写真の圧倒的な自由と解放感。断捨離ブームにもかなり影響を受けたが、さらにその上をいく衝撃だった。そして、ゆるりまいさんの著作も破壊力があった。モノを少なくするということについて考え、本をむさぼり読むようになった。


が、しばらくはこんな部屋で落ち着いていた。
それなりに片付き、お気に入りのものもある部屋。ここから減らすのはかなり難しかった。

IMG_7561

 

まず自分が「変化」になる


そしてこの1ヶ月、ぼくの頭に鳴り響いていたのはガンディーの
「世界を変えたければ、まずは自分がその変化になりなさい」
という言葉だった。

ぼくはミニマリストの本が作りたい。こういう考え方があることを知ってほしい。そう思っているなら、まずは自分が変わらなければ。


とにかく捨てる。捨ててから考える。


この一ヶ月で手放したものは大物ばかり。
iMac、机、イス、セミダブルのマットレス、PS3。
6畳の部屋にはふさわしくない、42型のプラズマテレビとホームシアター。マキシマリストの選択らしい……。
それぞれに捨てるのには、勇気が必要だった。

その話はまた書こう。


あとはテーブルを小さく、キャスター付きのものにする。あとは鏡も捨てる?ぐらいで、この部屋についてはほぼ捨て終わった。


この部屋で生活をはじめてまだ間もないけれど、
毎日、引っ越ししたてのような解放感を味わっている。

 


今のぼくは、普通の「生活」をするだけで、とても大きな喜びを感じられるようになった。

 

生きてるだけで、こんなにも楽しいなんて。

 

 

投稿者:

佐々木典士(sasaki fumio)

中道ミニマリスト。 1979年生まれ。香川県出身。編集者。

「お部屋紹介
マキシマリストからミニマリストへ」への9件のフィードバック

  1. こんにちは、貴殿の親しい人のその又友人から突然、「あんたが気に入りそうな本やで、読んでみな。」と言われて昨日、3時間ほどで気に入ったところだけを読みました。(目次はすべてチェックしましたよ。」
    典型的なテレビに出てくるような都会暮らしの青年の生き方の変わりようを「うん、うん、そうやで~。」と納得しながら読みました。   どうしてか?小生は何十年も前から曹洞宗の道元禅師を尊敬しておりますので佐々木殿がかの宗派で座禅をされておられることが嬉しくなりました。私も永平寺の末寺で半年ほど早朝座禅の経験がありますが、なかなか気持ちのいいものですね。夏は蚊に刺されてもパシン!とたたけませんでした。今から小学6年生の計算問題をすることを毎日のノルマにしているので、コメントは以上です。ものを減らすこと、座禅、などに共感をして拙い文を送りますワン、頑張れ!讃岐人!

    1. コメントありがとうございます。座禅をはじめたことは、この本を書くうえでも大きい影響になりました。もともとなんですが、確かに殺生はもうしませんね。うどん県人の方なのでしょうか? 応援ありがとうございます。ご縁がありましたことを大変嬉しく思っております。

  2. 朝日カルチャーセンターの講座、楽しく参加させていただきました。

    私は物と時間、お金の管理がひどく苦手で長年のコンプレックスでした。それを人に知られぬよう外ではキチンとふるまい、いま一歩踏み込んだ人付合いができず、いつもさみしいと感じていました。

    つきまとう自己否定の感覚、隠し事をしているような後ろ暗さにいよいよしんどくなって、片付けを始めました。
    昨年末、佐々木さんのこの記事に出合い、共感しとても励まされ、さらに自分の適量にすべく物を手放したら、いくつか変化がありました。

    身支度の時間が短くなり駅までダッシュせずに済むので、朝ごきげんで起きられます。

    お金の問題を検証する勇気を持てました。足りないと思っていたのに、計算したら十分足りていたので不安が減りました。周りの人のためにも使えるようになりました。

    友人を家に招いたり、自分の失敗談を話して笑ってもらったり、お店の人にもじもじせず買い物の相談ができたりと、人と接する時の鎧を脱ぎつつあるように思います。

    日々の小さな変化により、幸せを感じる瞬間が増えました。

    講座当日はこの気持ちを直接お伝えする絶好のチャンスだったのに、また鎧を装着してしまいました。この場をお借りして、、行動を起こすきっかけをくださり、ありがとうございました。

    これからも、佐々木さんが日々感じたことなどを読んだり聞いたりできることを楽しみにしています。

    1. haru さん 拙い講演でしたが、お聞き頂きありがとうございました。「鎧」のお話、とてもよくわかります。人との壁、自分自身に対する壁を取り払う、ミニマリズムは「武装解除」の喜びがあると思っています。今もフルオープンになりすぎているかもしれません(笑)。またの機会ありましたら、ぜひよろしくお願いいたします!

  3. はじめまして。
    突然失礼します。
    トップ画の布団と机の写真がありますが、こちらの机はどちらで購入されたものでしょうか?シンプルで良いなと思ったので覚えていらっしゃいましたら教えて下さい!

    1. この机は、人からもらったものなので、よくわかりません、すみません。そしてダイニングテーブルだったものを、のこぎりで切ってローテーブルにしたものです。

  4. お返事、大変ありがとうございます。
    シンプルで自然な感じの机、探してただけに残念です…(笑

    最近、私生活に活気がついてきました。佐々木さんの本に影響を受け、考え方や価値観が良い方向に変わったからだと思っております。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です