毎月1日は「雑事デー」
佐々木典士

毎月1日は「雑事デー」 <br /> 佐々木典士

禅の修行僧の日課は、日付の数字で決められているという。

 

4と9のつく日は、剃髪と特に丁寧なそうじ。

1,3,6,8がつく日は、托鉢、などなど。

 

 

なるほど、こうすれば

「そろそろ髪を剃ろうかな、もうちょっといけそうだから明日でいいかな」

などと悩む必要がない。髪の伸びも、掃除の具合も一定だろう。

 

それにならって、

ぼくも毎月1日を「雑事デー」にしている。

やることは

 

【ミニマリズム、掃除系】

・いらないものを見極め、手放す

・中掃除 (窓ガラス、洗車など普段しないところ)

・生活の仕組み、動線の改善

・生活備品の確認→購入(ゴミ袋、洗剤など)

・歯ブラシ、カミソリの交換

・溜まったダンボールをまとめる

 

【仕事・お金系】

・税金の支払い

・請求書など郵便物送る

・領収書の整理、プリントアウト

・本、名刺、書類などのスキャン

・ブックマークの整理

・本棚の整理(重要テーマを前に出し、読むべきものをはっきりさせる)

 

 

など。毎日の習慣では、なかなか手が及ばないものを整理していく。

 

「雑事デー」のメリット

 

雑事デーがいいのは、普段手が及ばないものを目にしても

「できていない」と自分を責める必要がないことだ。

 

普段は領収書をわちゃっとクリアファイルに入れているだけでも、

ダンボールが溜まっているのを見たとしても、

「それに手を付ける日は決まっている」と思えれば、安心できる。

放置しているわけではないのだ。

 

 

コツは、「自分とのアポイントメント」を何より優先すること。

毎月1日は雑事デーなのだから、そこに予定は入れない。

自分という他人との約束を、優先して守る。

 

 

そして「例外をきっちり作る」

1日にどうしても外せない予定が入るときは、その場でスライドさせて2日に雑事デーを

スケジュールに記入する。2日もダメなら3日に。翌月には持ち越さない。

会社員の方なら、第一土曜日にするとか、最終土曜日にするなどもいいかもしれない。

 

 

ひとつひとつの雑事は、はっきり言ってつまらないこともある。

しかし、雑事をまとめてやると、かなりすっきりし、達成感もある。

 

 

雑事デーがあることで、毎日の習慣をスムーズに進められる。

ぼくにとっては毎日の習慣を支える、大事な習慣のひとつだ。

Author Profile

佐々木典士(sasaki fumio)

Writer/Minimalist/Timekeeper  ミニマリスト本「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」は18ヶ国語での発売が決定。1979年生まれ。香川県出身、京都在住。


LINEで送る
Pocket